わかやまヘルスケア産業革新プラットフォーム

わかやまヘルスケア産業革新プラットフォーム会員募集中!

参加要件と会員区分
・和歌山県内において健康寿命延伸産業分野(※)に携わる者
※…公的保険外の予防・健康管理関連の製品・サービスを提供する幅広い製品群のこと

企業会員 健康寿命延伸産業分野に関わる企業又は参入を検討中の企業
パートナー会員 企業会員と共に研究開発や実証事業を行う大学、研究機関、医療・介護関係団体等
サポーター会員 事業実施に対して支援を行う産業支援機関、金融機関、自治体等

申込書に必要事項を記載の上、メールで事務局(企業振興課)あて提出してください。
提出先メールアドレス→ e0610001@pref.wakayama.lg.jp

会員募集要項(PDF形式 106キロバイト)

入会申込書(エクセル形式 22キロバイト)

入会申込書(PDF形式 108キロバイト)

わかやまヘルスケア産業革新プラットフォームとは?

会員名簿(平成31年2月12日時点)

ヘルスケアに係る課題解決や健康寿命延伸に繋がる産業の創出・振興のために、地域のヘルスケア関係者(自治体、医療・介護関係者/団体、大学、金融機関、民間事業者)など産官学金が連携する協議会のことです。(プラットフォーム規約(PDF形式 115キロバイト)

※本プラットフォームは経済産業省が全国に設立を呼びかけている「地域版次世代ヘルスケア産業協議会(外部リンク)」の和歌山県版として設立するものです。
 

[プラットフォーム実施事業]
・「健康長寿日本一わかやま」実現のために産業界からの気運醸成
→セミナーによる県内外の先進事例共有、情報交換など

・企業間・産官学金連携による「ヘルスケア産業のイノベーション」促進
→会員間での共同研究、共同開発を国、県等の補助金で支援

プラットフォーム活動の具体例(イメージ)

プラットフォーム活動イメージ

プラットフォーム加入によるメリット

企業

・健康産業に関する異業種ネットワークを構築できる。
・商品・サービス開発にあたり、医療・福祉現場のニーズに基づいた改良ができる。
・健康に関する取組を社内外にアピールできる。

大学・研究機関 ・企業の技術と連携して研究開発ができる。
医療・介護機関 ・現場での課題、患者のQOL向上、サービスの改善などを企業と共同で解決できる。
・ヘルスケアに関する最新情報を収集できる。

「わかやまヘルスケア産業革新プラットフォーム」のこれまで

わかやまヘルスケア産業革新プラットフォーム設立1周年記念セミナー 平成31年2月4日(月曜日)@和歌山県勤労福祉会館プラザホープ

会員間の新事業への参入促進の一助 及び 新たな会員の参画を目的に設立1周年記念セミナーを開催し約140名参加されました。

ヘルスケア産業政策について経済産業省ヘルスケア産業課山本補佐・認知症に関して和歌山県医師会上林副会長にご講演いただきました。

また、会員発表として、東洋ライス株式会社雜賀社長 ・株式会社リハートテック笠原取締役の発表がありました。

わかやまヘルスケア産業革新プラットフォーム設立1周年記念セミナー次第

山本課長補佐講演 東洋ライス雜賀社長による会員発表

わかやまヘルスケア産業革新プラットフォーム設立1周年記念セミナーの様子

第2回みんなの健康フェアに出展 平成30年10月27日(日曜日)@フォルテワジマ

会員企業が企画及び運営する健康フェアに出展し、本プラットフォームの取組みや、会員が実施しているヘルスケア産業に関する事業を紹介しました。


健康フェアの様子
健康フェアの様子

会員提案ビジネスプランプレゼンテーション大会開催 平成30年6月25日(水曜日)@県民文化会館

7会員から提案のあった「わかやまヘルスケアビジネスプラン」実現のため、提案者自身のプランを熱くPRしていただきました。

会員提案ビジネスプランプレゼンテーション大会次第

会員提案ビジネスプラン一覧

プレゼン大会のようす
プレゼン大会の様子

設立総会を開催 平成29年10月27日(金曜日)@アバローム紀の国

知事挨拶の後、プラットフォームの概要を説明し、「食」「高齢者」「運動」をテーマに、会員様の中から、それぞれ東洋ライス株式会社雜賀社長、県老人保健施設協会上田会長、近畿大学生物理工学部谷本教授からご講演をいただきき、約100名参加されました。

設立総会次第(PDF形式 872キロバイト)

設立総会のようす 知事挨拶
設立総会の様子 知事挨拶

関連ファイル

このページの先頭へ