和海地方果樹カメムシ情報

!!果樹カメムシ類の発生に注意!!

和歌山県農作物病害虫防除所 果樹カメムシ類に関する発表資料

【果樹カメムシ類発生予察注意報(令和6年4月25日)】

【果樹カメムシ類病害虫防除技術情報(令和6年5月29日)】←NEW

県内3か所(紀の川市粉河、有田川町奥、みなべ町東本庄)に設置した予察灯におけるチャバネアオカメムシ及びツヤアオカメムシの誘殺数は、平年に比べ多くなっています。

和歌山県農作物病害虫防除所からは、令和6年4月25日に発生予察注意報が発表されているところですが、依然として誘殺数が多い状況が続いていることから、令和6年5月29日に防除技術情報が発表されました。

ほ場内での発生及び被害状況を観察し、早めに防除を行いましょう。

和海地方果樹カメムシ情報(令和6年6月11日更新)

 

果樹カメムシ類(チャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシ)が多発すると収穫前の果実を吸汁加害し、大きな被害を与えるため問題となります。

農業水産振興課では管内の果樹カメムシ類の発生状況を把握するため、平成26年度から和歌山市内1か所、海南市内4か所、紀美野町内5か所の計10か所の山林に果樹カメムシ類に対する集合フェロモン剤を利用した捕獲トラップ(カメムシフェロモントラップ)を設置しました。

これにより、山林から果樹園へ飛来する時期を予測、的確な防除の啓発に努めています。

(協力:わかやま農業協同組合、ながみね農業協同組合)

カメムシ被害の画像  トラップ設置

カメムシの被害を受けたカキ                  カメムシフェロモントラップの調査の様子

1.調査結果(管内10か所計)

カメムシグラフ

管内10か所におけるフェロモントラップ誘殺数合計

カメムシグラフ 

カメムシフェロモントラップ設置場所(令和6年)

2.誘殺数調査結果詳細

地区別調査結果データ  地区別調査結果グラフ

管内合計グラフ  詳細データ

※ 各項目をクリックすると、PDF、エクセルファイルが確認できます。

3.その他

PDF形式を開きます果樹生産者のみなさまへ(注意喚起チラシ)(PDF形式 343キロバイト)

このページの先頭へ