障害福祉サービス等情報公表制度(WAM NET)

制度の概要

平成30年4月から、「障害福祉サービス等情報公表制度」が始まり、事業者は都道府県知事等に障害福祉サービス等を報告する義務があります。

これは障害福祉サービス等を提供する事業者の数が大幅に増加する中で、サービスを利用する障害児者等が、  個々のニーズに応じて良質なサービスを選択することができるように、事業者が提供する障害福祉サービスの内容等を積極的に公表することにより、質の高いサービスの提供が促すものです。


 

  • 対象事業所

居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、療養介護、生活介護、短期入所、施設入所支援、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援、就労定着支援、自立生活援助、共同生活援助、地域移行支援、地域定着支援、計画相談支援、福祉型障害児入所施設、医療型障害児入所施設、児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問支援、障害児相談支援

※基準該当サービスは除く。

※和歌山市の事業所は、和歌山市障害者支援課にお問い合わせください。

関係通知等

情報入力

 メールが届き次第、記載されているID・パスワードでシステムにログインし、情報の登録を行ってください。
 

 (システムにログインした後、以下の手順で事業所情報を入力してください。)

手順1 画面上部にある「事業所情報の照会・編集を行う」メニューをクリックする。

手順2 検索条件を入力後、検索ボタンをクリックし、事業所・施設を検索する。

手順3 検索結果から詳細情報を入力する事業所・施設名称のリンクをクリックする。

手順4 「事業所詳細情報の編集を行う」画面の各タブにて詳細情報の入力を実施する。

手順5 すべてのタブの入力完了後、「承認者へ申請する」のタブにより入力内容の承認申請を行う。
 

  • システム関係連絡板(外部リンク)(外部サイト)
    https://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/top/shofukuinfopub/
    本システムに関するお知らせや操作説明書(マニュアル)などの資料を掲載していますので、是非ご活用ください。

    具体的な操作方法、登録事項については、情報公表システムに掲載されている登録マニュアルを参照して入力してください。

このページの先頭へ