和歌山県在宅育児支援事業

多子世帯の0歳児を対象に在宅育児支援が始まります

※平成30年4月から平成31年3月までの支給については、平成31年3月末までに申請いただく必要があります。

1.支給額

    対象となる乳児一人当たり月額15,000円 (最大10か月で15万円) ※注1、2参照

2.対象となる乳児

 次の要件をすべて満たしていること

  (1)和歌山県内に住民登録を有していること

  (2)生後2か月を超え、満1歳に満たないこと

  (3)次のいずれかに該当すること

    ・属する世帯内の第三子以降

    ・市町村民税所得割合算額が77,101円未満である属する世帯内の第二子

     (4月から8月は前年度分、9月から3月は当該年度分で判定します。)

3.支給を受けることができる者

  次の要件をすべて満たしていること

  (1)和歌山県内に住民登録を有する児童手当等の受給者であること

     (施設等受給資格者は除きます。)※1

  (2)職場復帰を前提として育児休業給付金を受給していないこと

  (3)生活保護法による保護を受けていないこと

  (4)乳児を保育所等に入所させていないこと

  (5)暴力団関係者や公序良俗に反する者でないこと

    ※1児童手当等の受給者が乳児と同居していない場合は、同居している養育者が対象となります。

    ※2配偶者についても(2)及び(5)の要件を満たす必要があります。

4.申請窓口

          住民登録をしている県内の市町村(子育て支援担当課)

    支給期間が2年にわたる場合、年度ごとに申請が必要です。詳しくは、窓口でご確認ください。

注1 さらに上乗せを行っている市町村もあります。

注2 本給付金は雑所得として課税対象となるため、確定申告又は住民税の申告が必要となる場合があります。

   詳しくは、最寄りの税務署又は市町村税務担当窓口へお問い合わせ願います。

このページの先頭へ