新規申請

初めて申請する方、期限切れの旅券(パスポート)をお持ちの方及び旅券の紛失等を届け出た後、新たに旅券の発給を申請する方の申請

パスポートイラスト

  • 和歌山県で申請できる方は、日本国籍を有し和歌山県内の市町村に住民登録をしているか又は居所のある方です。
  • 旅券は、10年用と5年用の2種類があります。
    申請時20歳以上の方は、いずれかを選択できます。
    申請時20歳未満の方は、5年用の旅券のみです 。

申請に必要な書類

申請に必要な書類一覧
番号 書類 説明

1

一般旅券発給申請書 1通 申請書は直接、機械で読み取りますので折ったり汚したりしないでください。

2

戸籍抄本(謄本) 1通 申請日前6ヵ月以内に発行されたもの
  1. 同一戸籍内の複数の方が同時に申請する場合は、申請者全員が記載された戸籍抄本か謄本1通で申請できます。
  2. 本籍地が遠隔地である場合は、郵送で請求することもできますので、各市区町村にお問い合せください。

3

写真 1枚
画像

申請日前6ヵ月以内に撮影されたもの

  1. 申請者本人のみが撮影されたもの
  2. 縁なしで左記図面の各寸法を満たしたもの(顔の寸法は頭頂からあごまで)
  3. 無帽で正面を向いたもの
  4. 背景(影・椅子の背もたれ・壁紙などの柄を含む)がないもの

写真は、旅券にそのまま転写されます。(白黒・カラーいずれでも可)
写真の裏面に氏名を記入し、貼らずにお持ちください。
[不適当な写真例]

  • 不鮮明なもの(画質の粗いもの、焦点があっていないもの)、変色、傷、汚れのあるもの
  • デジタル写真の場合、ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ模様)、インクにじみがあるもの
  • 背景の色がきつく人物を特定できない、背景と人物の境目がはっきりしていないもの
  • 顔の輪郭が隠れているもの、顔に影があるもの
  • 化粧・服装・顔の表情(例:口を開き、歯が必要以上に見えている)が平常と著しく異なり本人確認が困難なもの
  • 顔面にピアスを装着したもの
  • ヘアバンド等により頭部が隠れているもの
  • 眼鏡フレームや髪が目にかかっているもの
  • 照明が眼鏡に反射したもの
  • サングラス・カラーコンタクトレンズを装着したもの
  • 瞳がフラッシュ等により赤く写ったもの

パスポート申請用写真の規格(外務省)外部リンク

4

申請者(本人)を確認する書類 有効期間内のもので原本に限る

(1) 次のAの中から 1つ提示してください。

  • A
    日本国旅券(失効後6ヶ月以内のものを含む)・運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)・個人番号カード(当該カード取得までは写真付き住民基本台帳カードも有効期間まで有効・船員手帳・海技免状・小型船舶操縦免許証・猟銃・空気銃所持許可証・戦傷病者手帳・宅地建物取引士証・電気工事士免状・無線従事者免許証・認定電気工事従事者認定証・特種電気工事資格者認定証・耐空検査員の証・航空従事者技能証明書・運航管理者技能検定合格証明書・動力車操縦者運転免許証・教習資格認定証(猟銃の射撃教習を受ける資格で都道府県公安委員会発行のもの)・警備業法第23条第4項に規定する合格証明書(都道府県公安委員会発行のもの)・写真貼付の身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)・写真貼付・生年月日記載の官公庁・特殊法人・独立行政法人職員証明書

(2) Aに掲げる書類がない場合は、Bの中から2つ、又はBとCから各 1つ提示(提出)してください。

  • B
    保険証(健保・国保・共済組合・船員)・年金手帳または年金証書(国民・厚生・共済・船員)・介護保険被保険者証・後期高齢者医療被保険者証・身体障害者手帳(Aに該当しないもの)・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・恩給証書・印鑑登録証明書(登録印も必要)
  • C
    写真貼付の学生証・写真貼付の会社等の社員(職員)証・写真貼付の公の機関が発行した資格証明書・失効した日本国旅券(失効後6ヶ月を経過、写真で本人確認ができ本籍地等に変更のないもの)・乳幼児・子ども医療費受給者証・高齢者医療費受給者証・住民税の課税(非課税)証明書・源泉徴収票(直近のもの)・生活保護受給証明書

補足

申請者が中学生以下の方で、本人確認書類が「B」又は「C」のうち1点しかない場合は、パスポートセンターへお問い合わせください。

5

前回取得した旅券をお持ちの方は、その旅券

6

住民票

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を利用する場合、住民票は省略できます。
但し、以下の場合は必要です。(申請日前6ヵ月以内に発行されたもの)
  1. 住民登録の変更直後に申請される方(変更後のもの)
  2. 和歌山県内に住民登録されていない学生又は、長期出張者等の方が、一定の条件を満たして、和歌山県内の居所で旅券申請される場合
    ※詳しくは「居所申請」をご覧ください。
  3. 日曜日に申請される方

未成年者、又は成年被後見人が申請する場合

  1. 申請書裏面の「法定代理人署名欄」に、親権者又は後見人の署名が必要です。
  2. 親権者又は後見人が遠隔地にいて申請書に署名できない場合は、親権者又は後見人の署名のある「旅券申請同意書」を提出してください。
    ※詳しくは「未成年者の申請」をご覧ください。

代理人が申請書を提出する場合

  1. 本人の申請に必要な書類等一式
  2. 代理人の本人確認書類(1点)
    ※詳しくは「代理提出」をご覧ください。

その他

  • 刑罰等関係欄に該当する方等は、必ず本人がお越しください。
  • 刑罰等関係の「はい」に該当する方は、別の手続きが必要ですので、あらかじめ和歌山県パスポートセンターにお問い合わせください。

お問い合わせ先

和歌山県パスポートセンター TEL:073-436-7888
各振興局旅券窓口(取扱窓口参照

このページの先頭へ