~STOP!コロナ差別~                      新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、感染した方や治療・対策に携わった関係者及びそのご家族等に対する差別、SNS等において個人を特定する情報や風評被害が懸念される情報の拡散等の事例が起こっています。


感染症に対する不安やおそれを感じ、感染症に関わる人を遠ざけたいとする心理による行動とも言えますが、いかなる場合であっても、差別、いじめ、誹謗中傷等の人権侵害は決して許されるものではありません。不確かな情報や根拠のない噂等に惑わされることなく、県や国等の公的機関が提供する正しい情報に基づき、人権に配慮した冷静な行動をお願いします。

1 コロナ差別相談ダイヤル

新型コロナウイルス感染症に係る誹謗中傷等についての対応を行うため、人権政策課内に相談窓口(相談ダイヤル)を設置します。

相談窓口では、誹謗中傷等にどのように対応すべきかの助言などを行います。例えば、インターネット上の誹謗中傷等の書き込みについては、プロバイダ等への削除依頼の方法を助言するとともに、(公財)和歌山県人権啓発センターが実施している無料の法律相談等を紹介します。

コロナ差別相談ダイヤル:073-441-2563  FAX:073-433-4540
(受付時間)平日 9:00 ~ 17:45

PDF形式を開きますコロナ差別相談ダイヤル(PDF形式 281キロバイト)


○以下の窓口においても、差別やいじめ等の様々な人権問題について相談することができます。

・みんなの人権110番(全国共通人権相談ダイヤル)

 TEL 0570-003-110(平日8時30分から17時15分まで)
 

・子どもの人権110番

 TEL 0120-007-110(平日8時30分から17時15分まで)


・人権ホットライン[(公財)和歌山県人権啓発センター]

 TEL 073-421-7830(平日9時から16時まで)


○「STOP!コロナ差別」キャンペーンに関する知事メッセージ

https://www.youtube.com/watch?v=4SxRq_TlXeI&feature=youtu.be

2 インターネット上のモニタリング(調査)

インターネット上の新型コロナウイルス感染症に係る誹謗中傷等の書き込みのモニタリングを実施します。

誹謗中傷等の書き込みを発見した場合、県からプロバイダ等に対して削除依頼を行います。

なお、県から削除依頼を行った案件については、書き込まれた方が訴訟を起こす際の資料として活用できるよう、書き込まれた文章や画像の保存を行います。

関連ファイル

このページの先頭へ