○職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

平成3年12月26日

人事委員会規則第16号

職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

(2) 任期付職員条例第2条第1項の規定により任期を定めて採用された職員

(3) 任期付研究員条例第3条第1号の規定により任期を定めて採用された職員

(管理職員特別勤務手当の額等)

第2条 条例第19条の4第3項第1号の人事委員会規則で定める額は、管理職手当規則第2条の規定により支給されることとなる管理職手当の支給区分に応じ、次の各号に掲げる額とする。

(1) 前条第1号に掲げる職員 管理職手当規則第2条の規定により支給されることとなる管理職手当の支給区分に応じ、それぞれ次に掲げる額

 1種及び2種 1万2,000円

 3種 1万円

 4種及び5種 8,000円

 6種 6,000円

 7種 4,000円

(2) 前条第2号に掲げる職員 任期付職員条例第7条第1項の規定により支給されることとなる給料表の号給又は給料月額に応じ、それぞれ次に掲げる額

 6号給及び7号給並びに任期付職員条例第7条第3項(職員の育児休業等に関する条例(平成4年和歌山県条例第9号。以下「育児休業条例」という。)第24条(育児休業条例第25条において準用する場合を含む。)の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規定による給料月額 1万2,000円

 5号給 1万円

 2号給から4号給まで 8,000円

 1号給 6,000円

(3) 前条第3号に掲げる職員 任期付研究員条例第5条第1項の規定により支給されることとなる給料表の号給又は給料月額に応じ、それぞれ次に掲げる額

 6号給及び任期付研究員条例第5条第5項(育児休業条例第23条(育児休業条例第25条において準用する場合を含む。)の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規定による給料月額 1万2,000円

 5号給 1万円

 2号給から4号給まで 8,000円

 1号給 6,000円

2 条例第19条の4第3項第1号の人事委員会規則で定める勤務は、勤務に従事した時間が6時間を超える場合の勤務とする。

第3条 条例第19条の4第3項第2号の人事委員会規則で定める額は、管理職手当規則第2条の規定により支給されることとなる管理職手当の支給区分に応じ、それぞれ次に掲げる額とする。

(1) 1種及び2種 6,000円

(2) 3種 5,000円

(3) 4種及び5種 4,000円

(4) 6種 3,000円

(5) 7種 2,000円

2 条例第19条の4第1項の勤務をした後、引き続いて同条第2項の勤務をした管理職員(同条第1項に規定する管理職員をいう。)には、その引き続く勤務に係る同条第2項の規定による管理職員特別勤務手当を支給しない。

(勤務実績簿等)

第4条 任命権者は、管理職員特別勤務実績簿及び管理職員特別勤務手当整理簿を作成し、これを保管しなければならない。

(支給方法)

第5条 管理職員特別勤務手当は、月の1日から末日までの間における勤務回数に応じて翌月の給料の支給日に支給する。

(雑則)

第6条 この規則の実施に関し必要な事項は、人事委員会が定める。

附 則

この規則は、平成4年1月1日から施行する。

附 則(平成7年3月31日人事委員会規則第2号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成9年3月28日人事委員会規則第8号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成16年3月26日人事委員会規則第16号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日人事委員会規則第12号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年10月1日人事委員会規則第42号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月31日人事委員会規則第19号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日人事委員会規則第33号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

職員の管理職員特別勤務手当に関する規則

平成3年12月26日 人事委員会規則第16号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第2編 公務員/第4章 報酬・給与/第3節 手当・物品給貸与
沿革情報
平成3年12月26日 人事委員会規則第16号
平成7年3月31日 人事委員会規則第2号
平成9年3月28日 人事委員会規則第8号
平成16年3月26日 人事委員会規則第16号
平成19年3月30日 人事委員会規則第12号
平成19年10月1日 人事委員会規則第42号
平成27年3月31日 人事委員会規則第19号
平成28年3月31日 人事委員会規則第33号