保有個人情報開示請求等

請求について

  • 請求の種類

請求には、以下のとおり目的に応じた3種類のものがあります。

保有個人情報開示請求:自己情報の開示を求めるもの

保有個人情報訂正請求:自己情報の訂正を求めるもの

保有個人情報利用停止請求:自己情報の利用停止等を求めるもの


  • 請求方法

1.各請求に応じた必要書類をご用意ください。

2.総合窓口又は地方窓口へお越しください。

地方窓口においては、当該地方窓口を設置する振興局又は地方機関が保有する個人情報に係る請求に限ります。

※総合窓口:和歌山県庁本館2階情報公開コーナー

※地方窓口:各振興局各部又は各地方機関の総務担当課

3.窓口において、必要書類を提示するとともに、所定の請求書に必要事項を記入の上、ご提出ください。

保有個人情報開示請求

どなたでも県が保有する自己の情報の開示を請求することができます。


  • 必要書類

本人であることを証明する書類(運転免許証、旅券等)

  • 開示決定

開示請求のあった日から15日以内(ただし、やむを得ない理由があるときは、期間を延長することがあります。)に開示するかどうかの決定を行い、書面により通知します。

なお、請求者以外の個人に関する情報などの非開示情報については、開示することができません。

  • 費用

保有個人情報の閲覧:無料

保有個人情報の写しの交付:A3以下のサイズ 1枚につき 10円(カラーの場合40円)など

保有個人情報訂正請求

開示を受けた自己の情報が事実でないと考えられるときは、その個人情報の訂正を請求することができます。


  • 必要書類

本人であることを証明する書類(運転免許証、旅券等)

訂正請求する内容が事実と合致することを証明する資料

  • 訂正決定

訂正請求のあった日から30日以内(ただし、やむを得ない理由があるときは、期間を延長することがあります。) に訂正するかどうかの決定を行い、書面により通知します。

なお、請求に理由がない場合又は法令等の規定により訂正することができない場合などについては、訂正をしないことがあります。

※費用等はかかりません。

保有個人情報利用停止請求

開示を受けた自己の情報が条例の規定に反し不適正に取り扱われていると考えるときは、当該情報の利用の停止、消去又は提供の停止を請求することができます。


  • 必要書類

本人であることを証明する書類(運転免許証、旅券等)

  • 利用停止決定

利用停止請求のあった日から30日以内(ただし、やむを得ない理由があるときは、期間を延長することがあります。) に利用停止等をするかどうかの決定を行い、書面により通知します。

なお、請求に理由がない場合又は利用を停止することにより事務の適正な遂行に著しい支障を及ぼすおそれがあると認められる場合などについては、利用停止をしないことがあります。

費用等はかかりません。

このページの先頭へ