現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 環境衛生研究センター > 研究グループ紹介 > 水質環境グループ
組織・沿革 微生物グループ 衛生グループ 大気環境グループ 水質環境グループ
試験検査等のご案内 調査研究 年報・環衛研たより アクセス リンク
水質環境グループ
業務内容
工場・事業場の排水の基準監視  
イオンクロマトグラフ
県内の工場・事業場からの排出水が、水質汚濁防止法及び県公害防止条例に適合しているか、現地調査及び水質分析を実施しています。  
   
地下水汚染範囲確定調査  
地下水汚染が明らかになった場合、その汚染範囲を確定するための調査を実施します。  
    イオンクロマトグラフ
水質事故時の緊急調査   温泉水などに含まれる陰イオン類を分析します。
油流出や魚へい死などの水質事故があった場合、必要な調査を実施します。  
ガスクロマトグラフ質量分析装置
   
温泉の成分分析  
温泉利用業者等から依頼を受け、温泉の成分分析を行い、温泉法に規定する温泉への適否を調べています。また、県内の主要温泉について経年変化調査を行っています。  
    ガスクロマトグラフ質量分析装置
環境放射能水準調査   河川水や排水中の微量有機化学物質を分析します。
原子力規制庁から委託を受け、県内の自然放射能及び人工放射能の分布状況を把握するための調査を実施しています。  
原子吸光光度計
   
化学物質環境汚染実態調査(エコ調査)  
環境省から委託を受け、分析法開発・初期環境調査・詳細環境調査を実施し、水質・底質中の微量な有害化学物質の状況を把握しています。  
    原子吸光光度計
    河川水や排水に含まれる重金属類を分析します。
   
低バックグラウンド放射能測定装置
    低バックグラウンド放射能測定装置
    雨水などに含まれる放射性物質を分析し、異常がないか監視しています。