現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 環境衛生研究センター >研究グループ紹介 > 大気環境グループ
組織・沿革 微生物グループ 衛生グループ 大気環境グループ 水質環境グループ
試験検査等のご案内 調査研究 年報・環衛研たより アクセス リンク
大気環境グループ
業務内容

  大気汚染常時監視   イオンクロマトグラフ
 

テレメータシステムにより北部臨海工業地域及び御坊市周辺地域等の大気汚染物質の常時監視を行っています。監視局が設置されていない地域を中心に環境測定車で補完調査及び自動車排出ガス調査を実施しています。

 和歌山県の大気環境について(リンク)

 
   
   
   
   
      イオンクロマトグラフ
  有害大気汚染物質モニタリング   酸性雨中の陽イオン・陰イオンを分析しています。
  有害大気汚染物質中の優先取り組み物質のうち17物質を毎月調査しています。ベンゼン・トリクロロエチレン・テトラクロロエチレン・ジクロロメタンには環境基準値が設定されています。    
    融合結合プラズマ質量分析装置
   
   
     
  煙道排ガス調査  
  ばい煙発生施設等から排出される排ガス中の窒素酸化物・ばいじん・塩化水素等の立ち入り調査を実施し、基準値の遵守状況を把握しています。  
   
    誘導結合プラズマ質量分析装置
    大気中のニッケルやマンガンなどの金属を分析しています。
   
       
  燃料中の硫黄含有率測定   ガス類の分析
  ばい煙発生施設で使用されている燃料中の硫黄分を測定し、届出値の遵守状況を把握しています。  
   
   
     
  悪臭調査  
  環境保全協定工場周辺で悪臭調査を実施し、協定値の遵守状況を把握しています。  
    ガスクロマトグラフ質量分析装置
      大気中の揮発性有機化合物をキャニスター(捕集容器)に採り分析しています。
  化学物質環境実態調査(エコ調査)  
  環境省からの委託を受け、分析法開発・初期環境調査・詳細環境調査を実施し、大気中の微量な有害化学物質の状況を把握しています。