男女共同参画センター りぃぶる

メニュー一覧 団体・グループ情報
りぃぶるについて
利用案内
講座イベント情報
りぃぶる相談室
図書・情報資料室
りぃぶる出版物
モデル事例集
男女共同参画情報
団体・グループ情報
交通案内
リンク集
サイトマップ
りぃぶるのご案内

団体・グループ情報
和歌山県内で活動中の男女共同参画推進、女性のエンパワーメント向上
等で活動している団体・グループの活動内容を掲載しています。
※随時更新中。

団体・グループ情報登録申請書
※PDF形式は印刷してご利用ください。
WORD形式はパソコンで直接項目入力可能です。
PDF形式のダウンロードはこちら
PDF
ワード形式のダウンロードはこちら
WORD

      ※ 掲載をご希望の団体・グループは、登録申請書を
FAX,eメール、または直接”りぃぶる”事務室まで
提出してください。   
 (FAX:073-435-5247
Eメール:e0315011@pref.wakayama.lg.jp)

アクト研究室

(1) 活動内容

  • 男女共同参画に関する調査研究
  • 社会的経済、NPOに関する調査研究
  • 人材育成のためのプログラム開発
  • 啓発講座等の企画立案及びプロデュース
  • まちづくりワークショッププランニング
  • 上記実践活動

(2) 活動本拠地:和歌山市
(3) 代表者氏名:鳥渕朋子
(4) メッセージ
県内に広がる男女共同参画社会づくりに関わる女性たちの出会いに勇気をいただいています。。
アクトコミュニティネットとして、女性ユニットをつくり、プロジェクト単位でボランタリーな活動を続けてきました。
「わかやまいいね!プロジェクト」というまちづくりのネットワークに参加しています。女性のまちづくりへの必要性を感じています。

目次へ戻る

特定非営利活動法人 あったカフェ

(1) 活動内容
   ・あったカフェ   毎週月・水・金曜日 9:15~14:15
                あったカフェにて(串本1797)あそびのひろば
   ・あったかひろば 毎週火      9:15~14:15
                養春小学校跡にてあそびのひろば
   ・ちょっときいてねひろば 月1回月曜日 あったカフェにて育児相談
   ・おでかけひろば 不定期木曜日 幼稚園・保育所にて園児と交流
   ・ベビーマッサージ、たいそう、りとみっく、たいこ 
                       火曜日 あったかひろば

   ・季節ごとのイベントや土曜日のイベントなど
   ・保育サービス
   ・子育て及び子育て支援に関する講座・講演会

(2)活動本拠地:和歌山県串本町1797
(3)電話番号:0735-62-5530
(4)代表者氏名:岩崎ひろみ
(5)メッセージ
あったカフェは、平成20年度に和歌山県教育委員会の実施する「コミュニティ再生事業 家庭教育基礎講座」を受講した4名を含む、今、子育てをしている母親7名が集まり、立ち上げたグループです。
子育て支援に対して、「こんなことがあったら、便利だな」「助かったのにな」と思ったことをふまえて、現在、地域の子育て中の方々が必要としている場づくりに取り組んでいます。
保育スタッフが常在し、広場のコンセプトを「もうひとつの家」とし、誰もが利用でき、地域との交流が少なかった親子でも気軽に立ち寄れる“敷居の低い場所”を目指しています。
この広場が親世代の友人づくりの場となり、地域との交流もサポートし、様々な繋がりを築くことにより孤独な子育てを防ぎたいと思っています。
(5)その他
ホームページアドレス(ブログ)
  http://www43.tok2.com/home/attacafe/

                    目次へ戻る

 

ITO☆WINN (いとうぃん)

(1) 活動内容

  • 月1回の定例会
  • 各地域での様々な行事・イベントに参加・不定期な研修会
  • パンフレット作成
  • かつらぎ町女性団体(W・H・P)参加

  活動紹介

  • 公民館まつり展示
  • かつらぎ町議会傍聴
  • 他団体訪問研修
  • 他団体との意見交換会
  • 啓発講座などに参加
  • 男女共同参画についての情報、資料提供

(2) 活動の本拠地:橋本市・伊都郡かつらぎ町
(3) 事務局:中西美知子
(4) メッセージ
ITO☆WINN(いとういん)は「伊都Women’s lntematinal Network of Neighborhood」の頭文字をつないで命名しました。
平成13年から3年間、県公募の男女共同参画推進員の経験者が中心となり、推進員制度が終わった後、任意の団体として、伊都地方で初めての男女共同参画グループとして立ち上げました。
毎月1度の定例会は和気あいあいと、それぞれが遠慮なく物言える雰囲気だと思っています。
行事やイベント参加のときは、皆で集まりチームワーク抜群で、心地よい汗を流しながら運営が出来ています。定例会議は話が弾み時間延長もしばしば。
男女共同参画って何?・・・ 男性・女性 年齢の差 住んでいる所や立場その他いろいろな条件で考え方も違います。しかし、なんでも出し合い、議論をして、どんな意見も皆で受け止め考える。そんな場所がITO☆WINNだと思っています。居心地がいいと、会員は万障繰りあわせて参加しています。そんなグループがとても大切です。地方で知ってもらうことは難しいことですが、これからも、無理をせず、行政とも連携して男女共同参画の推進啓発が出来ればいいと思っています。

         目次へ戻る

ウイズ・ア・スマイル

(1) 活動内容

  • 和歌山県主催の男女共同参画事業への参加協力。
  • 「男女共同参画週間」「女性に対する暴力をなくす運動の週間」の啓発活動への協力。
  • 様々な講座の企画、運営など地域密着型・市民参加型の研修会を開設。
  • 御坊市の保育園や幼稚園へ子育て支援活動とワークショップの開催。
  • 他団体との交流や先進地視察。

(2) 活動の本拠地: 御坊市
(3) 代表者氏名: 中道幸代
(4) メッセージ
若くて元気なメンバーはいつも笑顔をたやさず、多くの人に喜んでいただける活動を考えています。

  • 和歌山県主催「いきいきタウントーク」や「りぃぶるタウントーク」を企画運営し、地域の男女共同参画への意識の向上に努めました。
  • 毎年、男女共同参画週間と女性に対する暴力をなくす運動の週間には、ショッピングセンター前において、会員等が啓発グッズの配布に協力しています。
  • 性別による固定的な役割分担にとらわれないよう、「男の料理教室」や「男の介護教室」を企画、参加者等に好評でした。アンケートによると、「今まで料理も介護も女性の仕事と決め付けていたが、やってみると大変で妻の苦労がわかった。」とか「家族間の協力の大切さや今までの家族への感謝の気持ちを改めて感じた。」など、男性の意識の改革に成功した事業をしました。
  • 子育てにも、男性の協力が必須という考えで若い保護者を集めて、夏休みに「親子工作教室」をし、ワークショップを開いて、子育てにおける夫の役割など意見交換しました。
  • 子どもたちに自主的に手洗いの習慣を身に付けてもらうための「手洗いパラパラ」ダンスと寸劇を行うため、御坊市の保育園や幼稚園へ踊りに出向き、普及と共に男女共同参画の推進の意識調査をしています。そこでは、共働きによる子育ての悩みや、夫の協力の度合いが世代によって差があることなどが浮き彫りになっています。
  • 他団体との交流や先進地視察など積極的に出かけています。
  • 「健康教室」として気功・フラダンス・手作りこんにゃく教室等、地域密着型の講座を開催し、まちづくりの視点から女性の参画を進めています。
  • 「環境」をテーマに講演会を企画したり、リサイクル手芸教室や風力発電見学などをしました。
  • コミュニケーションをテーマに「マナー講座」「話し方講座」「コーチング講座」などを開催しました。
  • 子育て支援の一環として、未就園児を対象とした「英語教室」を開催し、子育て中のお母さん方と一緒にはじめて英語に触れる機会を作りました。
    活動写真1   活動写真2
    手洗いパラパラ
    バイキンバイバイの寸劇
    活動写真 3    
    英語でスマイル
       

 

目次へ戻る

ウィメンズスペース 花

(1) 活動内容

  • DV被害者支援
  • 電話相談(全国共通DVホットライン)
  • 講座開催
  • デートDV防止教育講師派遣

(2) 活動の本拠地:岩出市、紀の川市
(3) メッセージ
DV被害者支援に向けて、勉強会をしたり、講座を開催したりしています。また、デートDV防止教育の講師派遣も行っています。
2010 年4月より全国共通DVホットラインに参加して、電話相談事業も行っています。それに伴い、グループ名が「マーマリング」から「ウィメンズスペース花」に変わりました。

目次へ戻る

ウィメンスタディズ熊野

(1) 活動内容

  • DV被害者支援:電話および面接相談、関係機関への同行支援
  • デートDV防止講座:小・中・高校への講師派遣
  • DV及び児童虐待防止講演会や講座の企画及び講師派遣
  • 他団体とのネットワーク

(2) 活動の本拠地:新宮市

(3) メッセージ
和歌山県主催のDV被害者支援ボランティア養成講座修了生有志で立ち上げた会です。DV被害者支援及び女性と子どもの人権に関する講演会や講座を開催すると共に、若年層へのデートDV防止教育の必要性から、平成22年度に県立新宮高校にてデートDV防止講座を実施。以後、新宮市東牟婁郡内の中高校でデートDV防止講座を継続実施しています。26年度には学校現場からの依頼で、小学校6年生へのデートDV防止講座をします。若い人達がDVの加害者にも被害者にもなることなくお互いを尊重する対等な人間関係を築きながら、自分らしく輝いて生きて行って欲しいと願っています。


BPW和歌山クラブ

(1) 活動内容

    BPWとは、Business and Professional Womenの略で、働く女性のための国際組織BPW International加盟の特定非営利活動法人日本BPW連合会の単位クラブです。働く女性の利益を促進し、女性の社会的地位と職業水準の向上をはかるとともに、国内外の働く女性の親交と理解を深め、社会平和に寄与することを目的としています。
月1回の例会の他、オープン講座も開催。

(2) 活動地域:世界    活動人数:32人
(3) 問い合わせ先 TEL :073-471-5557
メール:bpw.wakayama@gmail.com
(4) 代表者氏名:小原智津

目次へ戻る
 

双子育児サークル 「ふたごぐみ」

(1) 活動内容

  • 対象:未就園児(1~3歳)の双子・三つ子等の育児中の方(0歳児、多胎妊婦さんの参加も大歓迎です)
  • 活動:月1回(不定期)10~12時、 参加費は無料
  • 内容:フリートーク、「語りの森」わらべうたとむかし話

(2) 活動の本拠地:和歌山市地域子育て支援センター中之島または和歌山ビッグ愛9階一時保育ルーム
(3) 問い合わせ先
NPOわかやま子育てサークル本部 サンマザー
メール: sunmother_wakayama@yahoo.co.jp
  ブログ: http://futagogumi.blog.fc2.com/


特定非営利活動法人 和歌山eかんぱにい

(1) 活動内容

  • 和歌山県男女共同参画 ネットワーク構築事業
  • 男女共同参画を推進するための各種講座・講演会の開催
  • ニュースレターの発行

(2) 活動の本拠地:和歌山市太田2-4-24
(3) 電話番号:073-471-5557  080-4645-2424
   FAX:073-471-5557  メール:ecompany821@gmail.com
(4) 代表者氏名:小原 智津
(5) メッセージ
和歌山eかんぱにいはジェンダーイクオリティー(equality)、エンパワーメント(empowerment)、エンカレッジ(encourage)の3つのeをキーワードに、一人ひとりが持てる力を十分発揮できる男女共同参画社会の実現をめざして活動をしています。
男女共同参画で、 ふるさと和歌山を元気にします。
ご一緒に活動しませんか!(男女は問いません)
(6)その他
ホームページアドレス
  http://wakayamaecompany.web.fc2.com/

目次へ戻る

NPOわかやま子育てサークル本部サンマザー

(1) 活動内容

  • 子育てサークルネットワークづくり
  • 新規サークル結成のサポート
  • サークル活動のサポート
  • サークルリーダー育成サポート
  • サークル情報交換の開催
  • 親子ふれあいイベント主宰
  • ちびっこうんどうかい主催
  • 子育てサークル最新情報の発信
  • サークル利用者の受付窓口
  • 地域ふれあい交流(異世代、異年齢)

    子育てを支え合う環境づくりをめざしている
    ネットワークを広げ、明るく前向きな育児ができるよう働きがけをしている

(2) 代表者氏名:林明子
(3) 問い合わせ先
  ・ 住所:和歌山市木ノ本57-9
  ・ FAX:090-8209-5992
・ mail:sunmother_wakayama@yahoo.co.jp
(4)ホームページ
    http://sun-mother.com/
(5) メッセージ
サンマザーは、和歌山市内で子育て自主サークルを運営している母親達のネットワーク団体です。親子関係をサポートし合い、母親がイキイキと子育てを楽しめる環境づくりを目指し活動しています。
キャッチフレーズは『太陽のように強く明るいお母さん』
趣味や特技、それぞれの個性を活かしながら、明るく前向き育児ができるよう母親たちでサポートし合える関係性を築いていけるよう取り組んでいます。
母親のイキイキとした姿や表情を、子ども達に見せることのできる子育て環境づくりを応援し、子育てを通じて人間力を高め合いながら社会参加することも目標にしており、地域交流の場を大切にしている。
主な活動内容は、子育てサークル支援・母親支援・親子関係支援である。

目次へ戻る

和歌山友の会

(1) 活動内容

  • 例会:月に一度、和歌山市の友の家で、全体の集まりをしています。
  • 最寄会:同じ地域に住む会員の小さなグループが、月に1度、会員宅に集まって活動しています。
  • 乳幼児グループ:小さな子供を持つ会員のグループ。月に一度、友の家に集まって活動しています。
  • その他:高年会員の集まり。公共活動。毎年12月には友愛セールも行っています。

(2) 活動の本拠地:和歌山市元町奉行丁2丁目69(友の家)
(3) 問い合わせ先 073-433-4955
(4) 代表者氏名:山下雅子
(5) メッセージ
私たちは「全国友の会」の会員です。「全国友の会」は1930年、ジャーナリストで月刊誌「婦人之友」の読者によって生まれた団体です。
「和歌山友の会」は1933年に創立。現在67人の会員がいます。健全な家庭を作り、社会の進歩に役立ちたいと、衣・食・住・家計のことなど、年代をこえて共に学び励みに合っています。和歌山市を中心に、岩出市、紀の川市、橋本市、海南市や御坊市で活動しています。

 目次へ戻る


                   

特定非営利活動法人 WACわかやま

(1) 活動内容

  1. 長寿社会の啓発、健康と生きがい作り
  2. 少子高齢社会への支援活動のための人材の育成
  3. 少子高齢社会、男女共同参画社会づくりのサポート・啓発
  4. 社会活動を行う団体との交流・ネットワーク作り
  5. 会報(はーとふるねっと)の発行
  6. 地域子育て支援の拠点として、つどいの広場「もうひとつのさとポピンズ」の実施
  7. WACわかやまドリームスペース・ふれあいの居場所(和歌山市美園商店街)
  8. 旅サポート「いこいこ」 障がいのある方の外出(主に旅・観光)をサポート

(2) メッセージ

  • 啓発活動としての高齢者疑似体験事業は、80才くらいの体と心の体験を特別な機材を体につけて体験してもらいますが、現在、小・中学生の体験授業にも取り入れられています。
  • 生きがいづくりや健康づくり、男女共同参画の場として、子育て支援「もうひとつのさと ポピンズ」という0~3才の子どもを育てる親子の居場所などを実践し、名実共に少子化・男女共同参画に寄与し、そのことがメンバーの生きがいにも大きくつながっています。
  • WACわかやまの活動の原点である相互扶助事業の中に、たすけあい活動とふれあいの居場所が美園商店街の一ヶ所を借りてスタートしました。ここでは、居場所とする1F(ほっこりさん)で、週3日の昼食の提供と、生きがいづくり活動、助け合い事業を行います。JRの駅から3分のこの場所を1度たずねて下さい。
    又、旅サポート「いこいこ」では、障がいのある方の外出のサポートを開始しました。一人で旅に出るのは無理とあきらめている方は一度ご相談下さい。
 目次へ戻る

紀の国・OSL友の会

(1) 活動内容

  1. 医療機関のご紹介
  2. 病気の知識を広めること
  3. 医療体制の確立及び福祉の向上を求め社会的啓発活動、
    組織の充実、会員相互の親睦

(2) メッセージ
   頚椎後縦靭帯骨化症や胸椎黄色靭帯骨化症と診断された方に
  医療機関のご紹介や、医療体制の確立及び福祉の向上を求め、
  社会的啓発活動、会員の親睦を図ります。
  同じ病の患者たちが手を取り合い理解しあえる患者の集いの会で
  す。


 目次へ戻る