和歌山の低コスト林業について

和歌山県の森林の状況

和歌山県の森林面積は約36万ヘクタールであり、県土面積の約4分の3を占めています。
森林の約95パーセントは民有林で、民有林面積の約60パーセントはスギやヒノキなどの人工林です。人工林の多くは戦後に植栽したものであり、その多くが現在、利用可能な時期を迎えています。

本県の林業を取りまく状況

その一方で、本県の森林から切り出されている丸太の量(素材生産量)は、平成27年時点で約181千立方メートルです。これは、ピークの昭和55年の460千立方メートルの約4割程度です。民有林人工林の蓄積は毎年およそ193万立方メートル増大していることを考えると、生長量に見合った十分な利用がなされているとは言えない状況です。
素材生産量の減少の原因としては、木材の輸入自由化による木材価格の下落の一方で、人件費や資材等の経営コストが上昇し、林業の生産性が大幅に悪化したことが挙げられます。また、林業従事者の減少・高齢化も素材生産量の減少に拍車をかけてきました。
こうした状況を背景に、森林所有者の経営意欲も減退し、保育や間伐等の施業が充分に行われずに放置されている森林も見られるようになっています。

本県の低コスト林業

木材価格の大幅な上昇が見込めない中で素材生産量を増大させるためには、山から丸太を切り出すのにかかるコストを出来るだけ下げることが重要になってきます。
このため、本県では平成18年に「木の国」低コスト林業推進プロジェクトチームを結成し、低コスト林業の取り組みを進めてきました。
低コスト林業のポイントは、「高性能林業機械」をうまく活用して労働生産性を飛躍的に高め、相対的に生産コストを下げることにあります。
このためには、「施業の集約化」により施業する箇所をまとめ、「作業道の整備」により高性能林業機械が走行できる丈夫で簡易な道を整備することが重要となります。これにより、今までは森林内に切り捨てていた間伐材の利用も可能となり、経営コストの改善につながります。

本県の取り組み

低コスト林業を推進するため、本県では現在、以下の取り組みを行っています。

作業道の整備

  • 低コスト林業基盤整備サポート事業
    搬出間伐に必要な作業道の整備に対する支援

高性能林業機械

  • 低コスト作業システム整備事業
    高性能林業機械の導入に対する支援
  • 低コスト林業基盤整備サポート事業
    搬出間伐等の森林施業に必要な高性能林業機械のレンタル経費を支援

これまでの実績

低コスト林業に対する取り組みの実績は以下のとおりです。

作業道の整備

平成18年度以降の作業道開設実績は下表のとおりで、平成27年度末の本県の作業道延長は1,643キロメートルとなっています。

作用道の整備の画像

高性能林業機械

平成18年度末と平成27年度末の高性能林業機械の推移は下表のとおりで、高性能林業機械の整備が進んでいます。

高性能林業機械の画像

新たな取り組み

本県の森林はその多くが急傾斜地にあるため、古くから架線による集材が普及していました。現在は、上記の取り組みもあって比較的傾斜が緩い地域では作業道の整備が進んでいますが、急傾斜地が多い本県にとって、架線集材は今後も重要な施業形態です。
このため、近年は架線集材の安全性や効率性を高めるため、林業事業体と連携して架線集材機の開発・改良に取り組んでいます。
また、皆伐後の再造林には多大な費用がかかることから、伐採から造林の一環作業やコンテナ苗を用いた造林作業の省力化といった低コスト造林についても検討を進めています。

新たな取り組みの画像

このページの先頭へ