成果発表会

成果発表会

令和2年度

  1. ウバメガシの萌芽性と種子(堅果)生産について分かったこと
  2. 煙樹ヶ浜松林におけるマツ類枯死の増加要因について
  3. 県産未利用広葉樹(コジイ)の建築資材への利用拡大のための技術開発
  4. サカキ新種ヨコバイの防除対策について
  5. イタドリの長期安定栽培技術の検討および栽培と活用の普及状況

令和元年度

  1. クマノザクラの特徴と増殖技術の検討
  2. 外来害虫クビアカツヤカミキリは山の木を加害するか?
  3. スギ大径材の有効活用
  4. サカキ等花木の新たな病害虫の防除
  5. 栽培・加工に向くイタドリの選抜と商品開発

平成30年度

  1. ウバメガシ萌芽枝のニホンジカ食害状況とその対応
  2. 森林防護柵沿いにおけるニホンジカ誘導捕獲技術の開発
  3. シイ材(コジイ)に利用拡大に向けた乾燥試験
  4. サカキを加害する新たなヨコバイの生態と防除
  5. イタドリ優良系統の選抜と増殖

平成29年度

  1. ヒノキ実生コンテナ苗の育成技術開発
  2. スギノアカネトラカミキリの生態と被害抑止
  3. サカキの新たな害虫ヨコバイの防除に向けた生態等実態調査(第2報)                        
  4. イタドリの栽培および優良系統の増殖
  5. 紀州材構造用床パネルの面内せん断試験

平成28年度

  1. 高齢人工林に対応した和歌山県スギ・ヒノキ人工林の林分収穫表および収穫予測ソフトの作成
  2. 森林防護柵を活用したシカ誘導捕獲技術の開発
  3. イタドリの栽培および優良系統の選抜
  4. サカキの新たな吸汁被害の防除に向けた生態等実態調査
  5. 広葉樹の太陽熱木材乾燥

平成27年度

  1. ニホンジカの生態調査に基づく効率的捕獲技術開発について
  2. ウバメガシにおける殺菌剤の樹幹注入によるナラ枯れ被害防止効果について
  3. カシノナガキクイムシの穿孔被害を受けた備長炭原木の材質特性について
  4. カシノナガキクイムシ穿孔木を材料とした紀州備長炭の特性評価について
  5. 太陽熱利用木材乾燥技術の現地適用化について

平成26年度

  1. アラカシ及びコナラの伐倒処理によるカシノナガキクイムシの発生頭数について
  2. 太陽熱利用木材乾燥技術について ~使い方と乾燥促進効果~
  3. スギノアカネトラカミキリ被害材を用いた構造用集成材の強度特性について
  4. イタドリの優良系統選抜について
  5. カシノナガキクイムシ穿孔木を原料とした紀州備長炭の特性評価について(第2報) 

平成25年度

  1. スギノアカネトラカミキリ被害材(アカネ材)の利用 ~スギ、ヒノキ集成材用ラミナの引張り強度特性~
  2. 木材乾燥における太陽熱利用方法
  3. ウバメガシの伐倒処理によるカシノナガキクイムシの発生頭数
  4. カシノナガキクイムシ穿孔木を原料にした紀州備長炭の特性評価について
  5. ヒノキコンテナ苗等革新的苗木の植栽工程
  6. 遊休地を活用したイタドリ栽培について

平成24年度

  1. カシノナガキクイムシ被害の発生動態と対策について
  2. スギノアカネトラカミキリ被害材(アカネ材)の利用 ~中大径材・板材の性能評価~
  3. 山村遊休地等を活用したイタドリ、ウワバミソウの省力化栽培について
  4. コウヤマキのさし木増殖技術について
  5. 高齢人工林のすがた
  6. 雄性不稔(無花粉)スギと和歌山県スギ精英樹の人工交配について
  7. ビニールハウスを活用した木材乾燥 ~天然乾燥、高温セット処理との組み合わせ~

平成23年度

  1. ウバメガシの伐り株サイズと萌芽発生量の関係
  2. ウバメガシ林におけるカシノナガキクイムシの被害と対策
  3. 花粉の少ないヒノキと和歌山県精英樹の人工交配
  4. 県内で開設された作業道の損傷状況について
  5. ビニールハウス温室利用乾燥で発現する桟積み内の乾燥むらについて
  6. 紀州材のせん断強度及び部分圧縮強度について(第2報)
  7. ナメコ菌床栽培における木炭の活用
  8. コウヤマキさし木苗の育成方法について
  9. ヒノキ原木ナメコ適性種菌品種の特定と少翼葉コゴミ栽培の検討

関連ファイル

このページの先頭へ