業務の内容

林業試験場

試験研究の推進方針

    和歌山県の「林業・木材産業の成長産業化」や「多様で健全な森林づくり」をめざし、
また、山村地域の活性化のため、森林の育成と保全また森林資源の有効利用に関する
研究や技術開発を推進し、森林・林業・山村の振興に資する。
    重点的には、低コスト・省力化となる森林施業技術と林業機械に関する開発・実証を
行うとともに、紀州材の特質を活かす加工技術の確立や新用途の開発、森林づくりとし
て有用な品種の開発や育成・種の保存、病虫獣害の対策技術の開発を行い、さらに、山
村資源である特用林産物の活用技術の開発を進める。


 《重点施策》
  ○ 低コスト林業推進技術
  ○ 健全な森林づくり技術
  ○ 紀州材の需要拡大のための利用・加工技術
  ○ 特用林産物の安定生産技術
  ◇ 林木育種事業(主要事業)

経営環境部

経営環境部(PDF形式 700キロバイト)

  • 持続可能な森づくりの研究
  • 有用な品種の開発
  • 森林の保護
  • 種子・苗木の生産(中辺路試験地)

経営環境その1の写真経営環境その2の写真

木材利用部

木材利用部(PDF形式 326キロバイト)

  • 紀州材の良さを活かす利用技術の開発
  • 低コストな木材乾燥技術の開発
  • 紀州材の性能を活かした新たな住宅部材の開発

製材された木材の写真木材強度試験の写真

特用林産部

特用林産部(PDF形式 2,519キロバイト)

  • 特色あるキノコ類の生産
  • イタドリの優良系統選択
  • 山村地域資源活用に関する研究
  • 特用林産物の病害虫防除に関する研究
  • 花木類の栽培管理・増殖技術
  • 紀州備長炭原木林の循環利用
ヒノキ原木ナメコの写真コウヤマキの写真タラノメの写真

このページの先頭へ