本県の関係法令等に関する情報について

本県の関係法令等に関する情報について

太陽光発電等事業の事業化にあたって、手続きが必要となる可能性がある関係法令等について、取りまとめましたので、ご参考に してください。ただし、事業化に際しては、計画地ごとに条件が異なりますので必要な手続きについて、十分ご確認ください。

(補足)事業によっては、掲載した許認可一覧以外にも必要な法令手続きがある場合もあります。

PDF形式を開きます太陽光発電所建設に関する主な許認可一覧(PDF形式 187キロバイト)

PDF形式を開きます風力発電所建設に関する主な許認可一覧(PDF形式 185キロバイト)

PDF形式を開きます小水力発電所建設に関する主な許認可一覧(PDF形式 178キロバイト)

出力50kW以上の太陽光発電設備の設置をお考えの方へ

 本県の環境にふさわしい太陽光発電事業の普及を図ることを目的とした「和歌山県太陽光発電事業の実施に関する条例」を制定し、平成30年3月23日に一部施行しました(平成30年6月22日全面施行)。

 合計出力(太陽光パネルの合計出力とパワーコンディショナーの出力の小さい方)50kW以上の太陽光発電設備(建築物の屋上等に設置されるものを除く)を設置し、発電する事業を行う場合、知事の認定を受ける必要があり、あらかじめ県・市町村と協議を実施するとともに、事業計画の案について地元自治会に説明する必要があります。

 詳細については、下記をご確認願います。

和歌山県太陽光発電事業の実施に関する条例(環境生活総務課ホームページ)

 条例に関する問い合わせ先

条例全般・環境影響調査に関すること:環境生活総務課073-441-2674

土地の造成に関すること(森林法関係):森林整備課073-441-2974

土地の造成に関すること(宅地造成等規制法関係):都市政策課073-441-3231

設備(架台等)に関すること:建築住宅課073-441-3185

景観に関すること:都市政策課073-441-3228

世界遺産又はその周辺地域で太陽光発電等の設置を考えられている方へ

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」については、登録資産内だけでなく、その周辺地域を含めた景観を保全することがユネスコ世界遺産委員会から強く求められています。
 和歌山県では、世界遺産周辺で太陽光発電設備等を検討される場合、県や市町村等の行政機関と事前に協議していただくようお願いしています。(規模の大小は問いません)。
詳細につきましては、下記をご確認願います。

太陽光発電設備等を設置する場合は、景観への配慮をお願いします(PDF形式 75キロバイト)

世界遺産に係る県のお問い合わせ先

文化遺産課073-488-6507
観光振興課073-441-2424

事業計画策定ガイドラインについて

 平成29年3月に、国(経済産業省資源エネルギー庁)により、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(以下「FIT法」という)」に基づき発電事業を実施する事業者等に適用されるものとして、太陽光発電、風力発電、水力発電、地熱発電及びバイオマス発電のそれぞれについて、事業計画策定ガイドラインが制定されました。

 この事業計画策定ガイドラインでは、適切な事業実施のために必要な事項が、「企画立案」、「設計・施行」、「運用・管理」、「撤去及び処分」の各段階に分けて記載されていますので、FIT法の対象となる事業者の皆さまは、本ガイドラインに従って適切に事業を行ってください。

 事業計画策定ガイドライン(資源エネルギー庁ホームページ)(外部リンク)

関連情報

大規模太陽光発電システム導入の手引き(PDF形式 5,604キロバイト)(出典:独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)

太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドライン(第2版)(環境省ホームページ)(外部リンク)

太陽光発電事業の評価ガイド(太陽光発電協会)(外部リンク)

関連ファイル

このページの先頭へ