地域産業資源活用事業の促進に関する基本的な構想について

和歌山県の地域産業資源について

 地域産業資源の活用の根拠法となっていた『中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律』が令和2年10月1日に施行された『中小企業の事業承継の促進のための中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律等の一部を改正する法律』をもって廃止されました。

それに伴い地域産業資源は、わかやま中小企業元気ファンド事業の実施要領に基づき知事が指定することになり、和歌山県で認定されている地域産業資源は現在387件が指定されています。

「地域産業資源の内容の指定」

和歌山県の地域産業資源

地域産業資源の内容(総計387件)

  1. 農林水産物
    ミカン、柿、梅、マグロ、タチウオ、紀州材等(計135件)
  2. 鉱工業品とその製造技術
    ニット、衣料縫製品、皮革製品、漆器、紀州箪笥、紀州備長炭等(計69件)
  3. 文化財、自然の風景地、温泉その他の地域の観光資源
    世界遺産、公園(国立、国定、県立)、温泉、文化財保護法に基づく有形・無形文化財など(計183件)
南高梅の画像
紀州備長炭の画像
速玉大社の画像

地域産業資源を使った事業への各種支援制度

このページの先頭へ