経営承継円滑化法

経営承継円滑化法(中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律)について

中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律の目的

経営の承継に伴い、(1)相続税及び贈与税の負担、(2)事業承継時の資金調達難、(3)民法上の遺留分による制約、といった様々な問題が発生しており、これら諸問題に対応するため、「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律(中小企業経営承継円滑化法)」が平成20年10月1日(民法の特定に関する規定は平成21年3月1日)から施行されました。

非上場株式に係る事業承継税制について

中小企業の株式等を先代経営者から相続又は贈与により取得した場合に、相続税・贈与税の納税が猶予される制度です。
納税猶予を受けるためには、都道府県知事の認定が必要です。

詳しくは、非上場株式に係る事業承継税制についてをご覧ください。

金融支援措置について

経営者の死亡及び退任に伴い必要となる資金の調達を支援する制度です。親族外承継や個人事業主の承継も対象としています
金融支援措置を受けるためには、都道府県知事の認定が必要です。

詳しくは、中小企業経営承継円滑化法における金融支援措置についてをご覧ください。

遺留分に関する民法の特例について

一定の要件を満たす後継者が、遺留分権利者全員との合意及び所用の手続きを経ることを前提に、民法の特例の適用を受けることができる制度です。

詳しくは、中小企業経営承継円滑化法申請マニュアル「民法特例」(PDF形式 693キロバイト)をご覧ください。

本特例の申請窓口は中小企業庁となっております。以下のお問い合わせ先までお願い致します。

  • お問い合わせ先

中小企業庁 財務課
住所 東京都千代田区霞ヶ関1-3-1
TEL 03-3501-5803(直通)

このページの先頭へ