社会生活基本調査について

社会生活基本調査のタイトルの画像

お知らせ

  • 47都道府県ランキングについて(総務省統計局へのリンク)(外部リンク)
    平成28年に行われた前回の調査の結果をもとに作成した都道府県ランキングを紹介しています。
  • 生活時間に関する結果について
    調査結果のうち、仕事や家事、育児など、1日の生活時間に関する結果が公表されました。
    本県の概要については、こちらをクリックしてください。
    全国結果は、総務省統計局のホームページ(外部リンク)をご覧ください。
  • 生活行動に関する結果について
    調査結果のうち、学習・自己啓発・訓練やスポーツなど、過去1年間の生活行動に関する結果が公表されました。
    本県の概要については、こちらをクリックしてください。
    全国結果は、総務省統計局のホームページ(外部リンク)をご覧ください。
  • 調査へのご回答、ありがとうございました。
    平成28年10月20日を期日として、県内では約1600世帯を対象に調査を実施いたしました。
    調査対象となった皆様には、お忙しい中、調査にご回答いただき、誠にありがとうございました。
    本調査の結果は、平成29年7月以降、順次「総務省統計局ホームページ」にて公表される予定です。

社会生活基本調査とは

社会生活基本調査は、総務省統計局が実施する統計調査のうち、統計法により特に重要なものとされる「基幹統計調査」として実施される調査で、都道府県を通じて行います。
わたしたちが1日のうちどのくらいの時間を、仕事、家事、地域での活動などに費やしているか、また、過去1年間にスポーツ、趣味・娯楽、ボランティア活動など、どのような活動を行ったかなどについて調査します。

人々が活動するイラスト

調査対象

和歌山県内の約1,600世帯のうち、10歳以上の世帯員

調査の結果はこのように利用されています

社会生活基本調査の結果は、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進、男女共同参画社会の形成、少子高齢化対策など、わたしたちの「よりよい暮らしと社会」のために、国や地方公共団体の政策の基礎資料として幅広く使われています。

社会生活基本調査でわかること

  • 仕事と家庭生活にふりわける時間の配分
  • 世帯内での育児や介護の状況
  • 家族と過ごす時間の長さや過ごし方
  • 青少年や高齢者に好まれる趣味やスポーツ
  • ボランティア活動の参加状況

「日本再興戦略」や@「少子化社会対策大網」など、国の基本的な方針決定の基礎資料としての活用をはじめ、地方公共団体における地域振興などの各種施策に活用されています

  • 仕事と生活の調和(ワークライフバランス)の推進

  • 男女共同参画社会の形成

  • 子育てや介護の支援などの少子高齢化対策

  • スポーツや文化振興、ボランティア活動などの推進

調査の流れ

調査の流れを説明するイラスト

個人情報は保護されます

  • 社会生活基本調査により集められた調査票の記入内容は、統計法によって厳重に保護されます。
  • インターネット上のデータの送受信は、盗み見等を防ぎ、安全な通信を行うために、SSL/TLSによる暗号化通信を行っています。
  • 調査に従事する者(調査員、地方公共団体の職員など)には、統計法により厳格な守秘義務が課せらており、守秘義務違反があった場合の罰則も定められています。

調査結果

平成28年社会生活基本調査の概要

平成23年社会生活基本調査の概要

時系列統計表(エクセルデータ)

生活行動

生活時間

全国の結果(総務省統計局ホームページへ)

このページの先頭へ