和歌山県データ利活用推進プラン

和歌山県データ利活用推進プラン

平成28年度に総務省統計局及び独立行政法人統計センターが統計データ利活用に関する業務について本県への移転に向けた取組を進めている中、本県は、「和歌山県データ利活用推進プラン」を平成28年9月に策定し、「日本のデータ利活用拠点」を目指して、データ利活用を推進してきました。

 このプランにおいては、5年の推進期間(平成28年度~令和2年度)が終了することから、これまでの取組を継承しつつ、データの分析研究結果の情報発信や政策立案への活用、データを利活用した企業支援やデータ利活用人材の育成等をさらに推進し、データ利活用に関する社会の大きな変化にも対応できるよう、令和3年度からの5年間を推進期間とする「和歌山県データ利活用推進プラン」を新たに策定しました。

 「日本のデータ利活用拠点」としての取組を総務省統計局・独立行政法人統計センターと連携して推進することで、その成功事例を本県から発信し、日本全国の地方創生に貢献して参ります。
 

和歌山県データ利活用推進プラン(令和3年4月)

  PDF形式を開きます全体版(PDF形式670キロバイト)

  PDF形式を開きます概要版(PDF形式612キロバイト)


(参考)和歌山県データ利活用推進プラン(平成28年9月)

  全体版(PDF形式420キロバイト)

  概要版(PDF形式699キロバイト)
 

(補足)PDF書類をご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。

Acrobat ReaderはAdobe社(外部リンク)のサイトから無料でダウンロードできます。

関係リンク

このページの先頭へ