現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 西牟婁振興局 > 西牟婁地方の農林水産物食材コレクション > 磯間のしらす(シラス)

磯間のしらす(シラス)|西牟婁地方の農林水産物食材コレクション

目次
果樹
パープルクィーン
(小梅)
ミスなでしこ(梅)
安藤柑(カンキツ)
シンジョウ(スモモ)
野菜
レタス
スイートコーン
稲成なす
シシトウ
(シシトウガラシ)
三川のらっきょう
熊野米
川添茶(煎茶)
音無茶(煎茶)
畜産
イブの恵み
(イノブタ)
特用林産
コゴミ(クサソテツ)
イタドリ
ウワバミソウ
水産
ヒロメ
紀州いさぎ(イサキ)
すさみケンケン鰹
(カツオ)
イガミ(ブダイ)
磯間のしらす(シラス)
スルメイカ
ツメバイ
(マガキガイ)
イワガキ・マガキ
前の川の鮎(アユ)
熊野本宮のあまご

網をゆっくり引き上げる伝統的な漁法「小曳」で獲られたシラスは、極上の鮮度で水揚げするため、魚体が宝石のように美しい

PDFはここをクリック

磯間のしらす(シラス)

磯間のしらす

○特 徴:
田辺市磯間の伝統漁法「小曳」で漁獲する。広げた網を、ほとんど人間の力だけでゆっくりと引き上げて漁獲するため、魚に優しく、ピチピチと生きたシラスが水揚げできる。
高鮮度なシラスとして流通するため、地元で「磯間のしらす」と言えば、極上品として高い評価を得ている。

○食べ方:
釜揚げしたシラスをご飯に乗せれば、ほのかな海の香りとシラスの甘みを存分に味わえる、オススメの食べ方。
また、その日のうちであれば、生シラスとして賞味できる。酢・味噌・橙の絞り汁を混ぜて食べると、ツルリとした独特の食感が楽しめて美味。

磯間のしらす画像


※生シラスは取り扱っていない場合があるため、下記問い合わせ先で確認願います。

○水揚げ時期:10月頃~4月頃

○産 地:田辺市沿岸域

○水揚げ量:13t
     (H24年度、和歌山南漁協湊浦支所)

磯間のしらす

 


 

 

 

 


○問い合わせ先:

 橋市商店(0739-22-1115)、増富商店(0739-22-0572)
  北本商店(0739-22-3337)、増田商店(0739-24-7331)
  大西商店(0739-22-0472)、カネ豊商店(0739-22-4766)
  松金商店(0739-22-1439)、(株)財文水産(0738-22-0169)

○出荷期間 :

 10月頃~4月頃