現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 伊都振興局 > 健康福祉部(橋本保健所) > 産業廃棄物

産業廃棄物に関すること|衛生環境課によくあるお問い合わせ

Q1 産業廃棄物とは?

A1 廃棄物とは、占有者が自分で使用したり他人に有償売却できないために不要となった固形状または液状のもの(放射能性物質及びこれによって汚染されたものは除きます。)をいいます。

  産業廃棄物は、事業活動に伴って生じた廃棄物で、法令で20品目が定められており、その処理は、事業者(排出者)が行わなければなりません。
 産業廃棄物の中でも、『爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生じる恐れのある性状を有するもの』は特別管理産業廃棄物として区別し、処理方法が別に定められています。
  なお、産業廃棄物以外の廃棄物は一般廃棄物となり、その処理は各市町村が行っています。

 

Q2 産業廃棄物の処理を頼みたいのですが?

A2 他人の産業廃棄物を処理する者は、産業廃棄物の品目、処理の方法、産業廃棄物の排出場所・処理場所に応じた県知事の許可(和歌山市については市長)を有していることが必要となります。
許可の有無・種類を確認の上、委託契約を締結し、マニフェストを交付のうえ、処理して下さい。

 

Q3 産業廃棄物処理業の許可にはどんな種類がありますか?

A3 産業廃棄物の処理業許可には、下記のものがあります。
(1)から(4)の業の種類に応じて、許可が必要です。
特別管理産業廃棄物の場合は、別途許可を受ける必要があります。

  1. 産業廃棄物収集運搬業

    (1) 積替え・保管無し
    (2) 積替え・保管有り

  2. 産業廃棄物処分業
    (3) 中間処理業(破砕、焼却等)
    (4) 最終処分業(埋立)