現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 循環型社会推進課 > 産業廃棄物とは

環境生活部環境政策局循環型社会推進課

産業廃棄物とは

 廃棄物とは、占有者が自分で使用したり他人に有償売却できないために不要となった固形状または液状のもの(放射能性物質及びこれによって汚染されたものは除きます)をいいます。
 産業廃棄物とは、事業活動によって生じた廃棄物で下記の表のように20品目に分類されます。
産業廃棄物の種類

 ここでいう『事業活動』とは、製造業や建設業等に限定されるものではなく、会社や商店等の商業活動や、水道事業、学校等の公共事業も含めた広い意味でとらえています。
 また、産業廃棄物には量的規定がないので、個人事業者等の事業規模が小さいもの、1回の排出量が少量でも、産業廃棄物の種類に該当するものは産業廃棄物となります。
 産業廃棄物の中でも、『爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生じる恐れのある性状を有するもの』は特別管理産業廃棄物として区別し、処理方法が別に定められています。
特別管理産業廃棄物の種類