サンショウ
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

ピリリと刺激!
 サンショウは和歌山のトラディショナルハーブです!
 
品目名 : サンショウ

○特 徴:
 紀美野町には、全国有数の山椒の産地で、46haにブドウ種と呼ばれる実取り山椒が栽培されています。
  出荷時期は、5月初旬のまだ果実が緑色の生果から始まり、完熟な実を乾燥してから出荷する8月下旬まで続きます。
  栽培面積: 和歌山市    2.0ha
         海南市      5.5ha
         紀美野町   46.0ha

サンショウ(写真)

○食べ方、用途:
 未熟な実である「実山椒」は主に佃煮などに、完熟な実を乾燥させた「乾山椒」は果皮を粉末にして香辛料、生薬等に利用されます。
  山椒の実の佃煮、山椒餅

○来 歴:
 山椒栽培は約170年前の天保時代に遠井村(現:有田川町)に自生したものから栽培が始まったとされ、1960年代後半から広がりました。

○ 旬 :  5月初旬~8月下旬

○産 地:  紀美野町

○生産量: 約244t (H24年度)


○問い合わせ先:  とれたて広場 (073-487-0900)

○出 荷 時 期:  5月~8月

○販 売 単 位:  箱売り (青サンショウ2kg)