にんじん
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

     和歌山市の美味しい春夏にんじん
     カレーやサラダにおすすめです!
 
品目名 : にんじん

○特 徴:
 和歌山市の布引、毛見の砂地地帯を中心に、にんじんの栽培が行われています。春から初夏を中心に京阪神市場等に出荷を行っています。砂地のにんじんは品質が高いため、市場等から高い評価を頂いています。

にんじん(写真)

○食べ方:
 生食ではおろし、サラダ、刺身のつま、ジュースなど。加熱調理では、カレーや煮物などの煮込み料理。ほかにも炒め物、酢の物などに利用でき、調理・加工の幅が広い食材です。

○来 歴:
 和歌山市のにんじん栽培の始まりは、明治末期ごろの金時にんじんが始まりとされています。当初の栽培面積は少なかったですが、昭和30年代にはいってにんじんの消費が伸び、品種も欧州系のものが導入されて栽培面積は増加しました。現在の春夏にんじんの栽培面積は46ha(農林水産関係市町村別統計平成23~24年)となっています。


○ 旬 :  5月下旬~7月中旬


○産 地:  和歌山市


○生産量:  1,940t (平成24年度)


○問い合わせ先: わかやま農業協同組合(代表 073-471-3731)

○出 荷 時 期: 5月~7月