ブロッコリー
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

     花を食用にするキャベツの仲間
     栄養たっぷりで美容と健康ぴったり!
 
品目名 : ブロッコリー

○特 徴:
 ブロッコリー栽培は、和歌山市東部の和佐地区を中心に、水田の裏作として栽培が行われています。複数の品種と作と作型を組み合わせ、冬から春にかけて出荷を行っています。

ブロッコリー(写真)

○食べ方:
 緑色の花蕾と茎を食用にします。ビタミンB、ビタミンC、カロテンや鉄分を豊富に含みます。茹でて食べることが多いですが、シチューの具、炒め物、天ぷら等にも利用できます。

○来 歴:
 野菜の中では比較的新しい品目です。昭和50年代以降に種苗会社を通じて急速に栽培面積が拡大しました。和歌山市のブロッコリーについては、平成24年度の作付面積は24haとなっています。県内では印南町(25ha)に続く2位の産地ですが、収穫量と出荷量は共に県内1位となっています。


○ 旬 :  11月~5月


○産 地:  和歌山市


○生産量: 294t (H24年度)


○問い合わせ先: わかやま農業協同組合(代表 073-471-3731)

○出 荷 時 期: 11月~5月