現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 林業振興課 > 伐採及び伐採後の造林の届出制度について

伐採及び伐採後の造林の届出等の制度について

森林の立木を伐採するとき及び造林が完了したときは届出及び報告が必要です

この制度は、森林法に基づき県や市町村が策定した計画に従って適切な伐採等が行われるよう事前に届出をしていただくものです。

また、健全で豊かな森林を守るため、伐採後の造林が完了したときに状況の報告をしていただくものです。

根拠法令

森林法第10条の8第1項

森林法第10条の8第2項

届出等の対象となる森林

[伐採及び伐採後の造林の届出]

届出の対象となる森林は、地域森林計画対象民有林です。主伐・間伐の別や、樹種、面積の規模に関係なく届出を行う必要があります。

ただし、地域森林計画対象民有林のうち、保安林に指定されている区域については、本届出の対象にはなりません。保安林に指定された区域の立木を伐採する場合は、「保安林の立木伐採と作業行為の申請」が必要です。

[伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告]

報告の対象となるのは、届出書に基づいて森林の立木の伐採(主伐)及び造林をしたときです。

地域森林計画対象民有林区域の確認についてはこちら

保安林の立木伐採と作業行為の申請についてはこちら

届出等を要しない場合

以下の条件のいずれかに該当する場合は、伐採及び伐採後の造林届は必要ありません。

以下の条件のいずれかに該当する場合は、伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告は必要ありません。

届出者・報告者

[届出者]

森林の立木を伐採する権原を有している者が届出者となります。

  • ・森林所有者が自ら伐採する場合は森林所有者が届出してください。
  • ・立木を伐採する者と伐採後の造林を行う者が異なる場合は、連名で届出する必要があります。

[報告者]

届出書の提出者で伐採後の造林をした者(=主に森林所有者)が報告者となります。

  • ・届出書において伐採をする者と伐採後の造林をする者が連名で記載されていた場合、伐採をする者は必ずしも報告者として記載されてなくてもかまいません。

届出期間・報告期間

[届出期間]

伐採を開始する日の90日前から30日前までの間となります。

[報告期間]

伐採後の造林の終わった日から30日以内となります。

届出先・報告先

伐採しようとする森林及び造林した森林の所在する各市町村役場の窓口に届出書を1部提出してください。

市町村役場届出窓口一覧【pdf】

罰則

伐採及び伐採後の造林の届出を行わずに森林の立木を伐採した場合や、遵守命令、無届伐採に対する伐採の中止命令・造林命令に従わない場合は、森林法第207条に基づき100万円以下の罰金に処される場合があります。

伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行わなかった場合や、虚偽の報告をした場合は、森林法第210条に基づき30万円以下の罰金に処される場合があります。

伐採許可旗の掲示について

和歌山県では違法伐採防止のため、「伐採許可済み」及び「伐採届出済み」等を示す旗を掲示し、森林法に基づき適正な手続きを経た伐採現場であることを明示する取り組みを行っています。

森林所有者及び伐採を行う事業者の方は、伐採開始から終了までの期間、「伐採許可旗」等を林道等から見えやすい場所に掲示願います。

伐採許可旗の掲示について詳しい内容はこちら

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

top