現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 薬務課 >ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」とは

 新薬(先発医薬品)の特許期間終了後に発売される同じ有効成分の薬をジェネリック医薬品(後発医薬品)と呼んでいます。

 ジェネリック医薬品は、国の承認審査において先発医薬品と同等の品質、有効性、安全性が確保されています。また、先発医薬品と比べて研究開発費が少ないことなどから、薬の値段が安く、医療費の削減や患者の自己負担の軽減の観点からメリットがあり、欧米でも積極的に活用されています。

 〔参考〕  ※ジェネリック医薬品Q&A(厚生労働省作成 H24.7)                            

          「ジェネリック医薬品への疑問に答えます」                                      

                                                              

 

「ジェネリック医薬品」を希望する場合は、どうすればいいの?

 ジェネリック医薬品を処方してもらうには、医師・歯科医師による処方せんが必要です。まずは、医師・歯科医師にご相談ください。
 ただし、ジェネリック医薬品が発売されていない場合や医師・歯科医師の判断により、ジェネリック医薬品を処方できない場合もあります。
 ジェネリック医薬品に変更できる処方せんをもらった場合は、薬局の薬剤師にご相談ください。
 なお、ご相談後、患者さんの同意のもとにジェネリック医薬品に変更した場合は、薬局から処方された医師にその内容を連絡することになっています。

 

詳しくお知りになりたい方へ

「後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について」(厚生労働省のサイト)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kouhatu-iyaku/index.html

☆使用しているお薬がジェネリック医薬品であるかどうか調べたい

 「かんじゃさんの薬箱」(日本ジェネリック医薬品学会のサイト)

http://www.generic.gr.jp/index.html

☆先発医薬品等と効能・効果等に違いがあるジェネリック医薬品
 「効能効果・用法用量等に違いのある後発医薬品リスト」(日本ジェネリック製薬協会のサイト)

http://www.jga.gr.jp/