現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課 > 肝炎治療に対する医療費助成について

肝炎治療に対する医療費助成について

和歌山県では、肝硬変や肝がんの予防、健康の保持を目的として、B型及びC型ウイルス性肝炎に対する抗ウイルス治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療及び核酸アナログ製剤治療)の医療費の一部を助成しています。

 ◆お知らせ◆  (平成28年11月11日更新)

平成28年11月11日

C型肝炎インターフェロンフリー治療に係る研修会を実施します。 (詳しくはこちら)

平成28年11月2日

平成28年9月28日から、C型慢性肝炎に対する「インターフェロンフリー治療オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤及びリバビリン併用療法)」が肝炎医療費の助成対象に追加されました。

なお、インターフェロンフリー治療(オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤及びリバビリン併用療法)の経過措置として、平成29年3月31日までに申請を受理した場合、インターフェロンフリー初回治療に限り、平成28年9月28日(保険適用日)まで遡及が可能です。

平成28年3月11日 インターフェロンフリー治療に対する医療費助成は原則1回ですが、肝疾患診療連携拠点病院(和歌山県立医科大学付属病院、国立病院機構南和歌山医療センター)に常勤する日本肝臓学会肝臓専門医によって、他のインターフェロンフリー治療を用いた再治療を行うことが適切であると判断される場合に限り、改めて助成の対象となります。
申請の流れについてはこちら
平成27年12月21日 ● 平成27年11月26日から、C型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変(Clild-Pugh分類A)に対する「インターフェロンフリー治療オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤」が肝炎医療費の助成対象に追加されました。
平成27年9月10日 平成27年9月10日から、C型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変(Clild-Pugh分類A)に対する「インターフェロンフリー治療レジパスビル/ソホスブビル配合錠」が肝炎医療費の助成対象に追加されました。
平成27年6月9日 平成27年6月9日から、C型慢性肝炎又はC型代償性肝硬変(Clild-Pugh分類A)に対する「インターフェロンフリー治療ソホスブビル及びリバビリン併用療法」が肝炎医療費の助成対象に追加されました。
平成27年6月9日 平成27年6月9日から、インターフェロンフリー治療不成功後のインターフェロンを含む治療について助成対象に追加されました。
   

平成26年度以前の更新はこちら

詳しくは最寄りの保健所または健康推進課にお問い合わせください。

医療費助成に関するパンフレットをダウンロードできます。(PDF形式)


 

インターフェロンフリー治療に係る診断書について

インターフェロンフリー治療についての診断書を作成できる医師は次の①から④のいずれかの要件を満たす医師となります。

① 一般社団法人日本肝臓学会肝臓専門医

② 和歌山県肝炎治療特別促進事業に係る登録医として承認を受けた医師

③ 肝疾患診療連携拠点病院又は肝疾患に関する専門医療機関において肝疾患診療を行っている一般財団法人日本消化器病学会専門医で、和歌山県が指定する研修会を年1回以上受講し、和歌山県登録したもの(新規)

④ 肝炎医療費助成に対する診断書を過去1年間に5件以上作成している医師で、和歌山県が指定する研修会を年1回以上受講し、和歌山県に登録したもの(新規)

※ ①       日本肝臓学会肝臓専門医(一般社団法人日本肝臓学会ホームページ)(外部リンク)
※ ②、③、④ 肝炎治療特別促進事業に係る和歌山県登録医  (平成28年12月1日現在)


 平成28年度 和歌山県指定の研修会(医師対象)

 
日 時 ・ 場 所
              内  容
第1回

日時:平成28年12月1日(木)
    午後8時から午後9時まで
場所:和歌山県民文化会館 5階大会議室
    (和歌山市小松原通一丁目1)

演題:
 「経口抗C型肝炎ウイルス療法の導入前、治療中、治療後の注意点」
講師:和歌山県立医科大学医学部

    第二内科学教室准教授

    玉井秀幸先生

第2回

日時:平成28年12月15日(木)
    午後7時から午後8時まで
場所:国立病院機構南和歌山医療センター
     2階地域研修センター
     (田辺市たきない町27番1号)

演題:
  「IFNフリーDAAs治療の成績と注意点」
講師:国立病院機構南和歌山医療センター副院長
     籔内以和夫先生


  

○ 対象となる医療

 C型ウイルス性肝炎のインターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療並びにB型肝炎のインターフェロン治療及び核酸アナログ製剤治療で、保険適用となっているもの。 当該治療を行うための初診料、再診料、検査料、入院料等が該当します。

※ 助成の対象とならないもの
入院時食事療養費や入院時生活療養費、抗ウイルス治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療及び核酸アナログ製剤治療)との関係が認められない費用

○ 助成の方法

お住まいの地域を管轄する保健所に必要書類を添えて申請手続きをしてください。 審査の結果、認定された方には「肝炎治療受給者証」を交付します。 受給者証に記載された医療機関に受診する際に「肝炎治療受給者証」を提示することで助成を受けることができます。

(受給者証に記載されていない医療機関では助成を受けることはできません。)

※ なお、テラプレビルを含む3剤併用療法の実施は、日本皮膚科学会皮膚科専門医(日本皮膚科学会が認定する専門医主研修施設又は研修施設に勤務する者に限る。)と連携し、日本肝臓学会肝臓専門医が常勤する医療機関に限られています。

○ 申請時の必要書類

 1.肝炎治療受給者証交付申請書

 2.肝炎治療受給者証交付申請に係る診断書

 3.助成を受けようとする方の氏名が記載された被保険者証の写し

 4.世帯全員が記載された住民票の写し(コピーされたものは不可)

 5.世帯全員分の市町村民税(所得割)課税年額を証明する書類

  (様式はこちらからダウンロードできます

 

自己負担額限度額

  世帯の市町村民税(所得割)課税年額 によって自己負担額(月額)が変わります。

区分
世帯の市町村民税(所得割)課税年額 自己負担限度額(月額)

235,000円以上
20,000円
235,000円未満
10,000円



○助成期間

  原則として、申請書を受理した月の初日から1年間以内です。ただし、インターフェロン治療について
は、一定の要件を満たした場合、その理由によって延長が認められます。
また、核酸アナログ製剤治療については、医師が必要と認めた場合、更新が認められます。

○申請開始時期及び申請窓口

保健所名 所在地 電話番号 管轄区域
岩出保健所
岩出市高塚209
0736-61-0023
紀の川市・岩出市
橋本保健所
橋本市高野口町名古曽927
0736-42-0491
橋本市・伊都郡
海南保健所
海南市大野中939
073-482-0600
海南市・海草郡
湯浅保健所
有田郡湯浅町湯浅2355-1
0737-64-1291
有田市・有田郡
御坊保健所
御坊市湯川町財部859-2
0738-22-3481
御坊市・
日高郡(みなべ町を除く。)
田辺保健所
田辺市朝日ヶ丘23-1
0739-26-7931
田辺市・みなべ町・西牟婁郡
新宮保健所
新宮市緑ヶ丘2-4-8
0735-21-9630
新宮市・
東牟婁郡(串本町・古座川町を除く。)
新宮保健所
串本支所
東牟婁郡串本町西向193
0735-72-0525
串本町・古座川町
和歌山市保健所
和歌山市吹上5-2-15
073-488-5118
和歌山市



○各種様式  (プリントアウトの際はA4サイズで出力してください。)

肝炎治療受給者証の交付申請書(インターフェロン治療)

様式1号の1  Word ・ PDF
肝炎治療受給者証の交付申請書(インターフェロンフリー治療) 様式1号の2  Word ・ PDF
肝炎治療受給者証の交付申請書(核酸アナログ製剤治療) 様式1号の3  Word ・ PDF

肝炎治療受給者証(3剤併用療法を除くインターフェロン治療)の交付申請に係る診断書
新規
様式2号の1  Excel ・ PDF
2回目
様式2号の2  Excel ・ PDF
肝炎治療受給者証(核酸アナログ製剤治療)の交付申請に係る診断書
新規
様式2号の3

 Excel ・ PDF

更新
様式2号の4  Excel ・ PDF
肝炎治療受給者証(ペグインターフェロン、リバビリン及びプロテアーゼ阻害剤3剤併用療法)の交付申請に係る診断書
新規
様式2号の5  Excel ・ PDF
再治療
様式2号の6  Excel ・ PDF
肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の交付申請に係る診断書
新規
様式2号の7

 Excel ・ PDF

再治療
様式2号の8  Excel ・ PDF

インターフェロンフリー治療(再治療)に対する
意見書

様式2号の9  Excel ・ PDF

肝炎治療受給者証変更交付申請書(共通) 様式6号  Word ・ PDF
肝炎治療受給者証再交付申請書(共通) 様式7号  Word ・ PDF
肝炎治療受給者証返還届(共通) 様式9号  Word ・ PDF
肝炎治療費交付申請書(共通) 様式10号  Word ・ PDF
肝炎治療受給者証(インターフェロン治療)有効期間延長申請書(72週投与用) 様式11号  Excel ・ PDF
肝炎治療受給者証(インターフェロン治療)有効期間延長申請書(2か月延長用) 様式12号  Excel ・ PDF
肝炎治療受給者証(ペグインターフェロン、リバビリン及びシメプレビルの3剤併用療法)有効期間延長申請書 様式13号  Word ・ PDF
意見書に係る必要な検査所見等(関連文書)  

※PDFファイルの閲覧・印刷には、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。 お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合は、ソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。