現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課 > 感染症対策班> 予防接種について

予防接種について

○予防接種の概要
○麻しん・風しん予防接種について
○麻しん(はしか)及び風しんの予防接種について
○和歌山県予防接種広域化事業について
○予防接種に関するQ&A集
○日本脳炎の予防接種について
○任意の予防接種について
○子宮頸がん予防ワクチンチン積極的勧奨の差し控えについて
○ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口」の設置について

○ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療にかかる協力医療機関について

予防接種の概要

 予防接種法に定める定期予防接種は、各種の疾病に対する感染予防、発病防止、症状の軽減、病気のまん延を予防し公衆衛生の向上及び増進に寄与するとともに、予防接種による健康被害の迅速な救済を図ることを目的としています。
 現在、予防接種法に基づく定期予防接種は、以下のとおりです。

A類疾病

ジフテリア、百日せき、急性灰白髄炎、麻しん、風しん、日本脳炎、破傷風、結核、Hib、小児用肺炎球菌、HPV、水痘

B類疾病
インフルエンザ、高齢者用肺炎球菌

上のそれぞれの予防接種には、接種を行う年齢が法律で定められております。接種年齢や方法は次の表のとおりです。

 定期予防接種(A類疾病)

疾病 ワクチン 接種対象年齢 標準的な接種年齢 回数 接種間隔 接種量 方法

百日せき
ジフテリア
破傷風
急性灰白髄炎

沈降精製百日せきジフテリア破傷風不活化ポリオ混合ワクチン(DPT-IPV)

沈降精製百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(DPT)

不活化ポリオワクチン(IPV) 

1期初回 
生後3月から生後90月に至るまでの間にある者
生後3月に達した時から
生後12月に達するまでの期間
3回 20日から
56日まで
各0.5ml 皮下
1期追加 
生後3月から生後90月に至るまでの間にある者(1期初回接種(3回)終了後、6月以上の間隔をおく)
1期初回接種(3回)終了後
12月に達した時から18月に達するまでの期間
1回 0.5ml
沈降ジフテリア破傷風混合ワクチン(DT)
2期 
11歳以上13歳未満の者
11歳に達した時から
12歳に達するまでの期間
1回 0.5ml
麻しん 乾燥弱毒生麻しん風しん(MR)混合ワクチン又は乾燥弱毒生麻しんワクチン 1期 
生後12月から生後24月に至るまでの間にある者

1回 0.5ml 皮下
2期 
5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある者
1回 0.5ml
風しん 乾燥弱毒生麻しん風しん(MR)混合ワクチン又は乾燥弱毒生風しんワクチン 1期 
生後12月から生後24月に至るまでの間にある者
1回 0.5ml 皮下
2期 
5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある者
1回 0.5ml
日本脳炎 日本脳炎ワクチン 1期初回 
生後6月から生後90月に至るまでの間にある者
3歳に達した時から
4歳に達するまでの期間
2回 6日から
28日まで
(3歳以上)各0.5ml、
(3歳未満)各0.25ml
皮下
1期追加 
生後6月から生後90月に至るまでの間にある者
(1期初回終了後おおむね1年おく)
4歳に達した時から
5歳に達するまでの期間
1回 (3歳以上)各0.5ml、
(3歳未満)各0.25ml
2期 
9歳以上13歳未満の者
9歳に達した時から
10歳に達するまでの期間
1回 0.5ml
結核 BCGワクチン 生後1年に至るまでの間にある者 生後5月に達した時から生後8月に達するまでの期間 1回 所定のスポイトで滴下 経皮

 定期予防接種(B類疾病)

疾病 ワクチン 接種対象年齢 回数 接種量 方法
インフルエンザ インフルエンザワクチン
HAワクチン
  • 65歳以上の者
  • 60歳以上65歳以上の者であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者
(毎年度)1回 0.5ml 皮下

 

麻しん(はしか)及び風しんの予防接種について

 麻しんと風しんの定期予防接種対象者は、第1期(1歳児)、第2期(小学校入学前年度の1年間にあたる児)となっております。
 対象にあたる方々は、忘れずに接種を受けましょう。
 接種の詳細については、お住まいの市町村にお問い合わせください。

-麻しん(はしか)とは-

 麻しん(はしか)は、ウイルスに感染した後、約10~12日間の無症状の期間(潜伏期)を経て、熱・せき・鼻水などの症状が出始めます。数日すると、首すじ・顔から赤い発疹(ぶつぶつ)が出始め、熱も高熱となり発疹は全身に広がります。38~39℃台の熱は1週間から10日程度続くことがあります。とてもうつりやすく、免疫がないと大人も罹ります。
麻しん(はしか)に罹ると肺炎や脳炎を引き起こすことがあり、1000人に1人程度の割合で命を落とすことがあります。さらに、10年ほどしてから「亜急性硬化性全脳炎」という重い脳炎が10万人に1人の割合で発生することが知られています。

-風しんとは

 風しんは、発熱と全身に淡い発疹が出る感染症です。症状は、麻しん(はしか)より軽いですが、妊婦さんが妊娠初期にかかると、おなかの中の赤ちゃんが感染し、心臓の病気になったり、目や耳に障害を生じたりすることがあります。この病気を「先天性風しん症候群」と言います。

-平成25~29年度 麻しん・風しんワクチン定期予防接種対象者-

○第1期:生後12ヶ月以上24ヶ月未満の者
○第2期:5歳以上7歳未満の者であって、小学校入学前の1年間

平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
平成19年4月2日~
平成20年4月1日生
平成20年4月2日~
平成21年4月1日生
平成21年4月2日~
平成22年4月1日生
平成22年4月2日~
平成23年4月1日生
平成23年4月2日~
平成24年4月1日生


-その他リンク集-

和歌山県麻しん風しん患者報告数(和歌山県感染症情報センター)
2012年麻疹排除 (Elimination)に向けて(国立感染症研究所感染症情報センター)
麻しん(はしか)に関するQ&A(厚生労働省)

 

和歌山県予防接種広域化事業について

-予防接種広域化とは-

 予防接種広域化とは、各市町村が実施する予防接種の機会に病気などやむを得ない事情により接種機会を逃した方などが、お住まいの市町村の実施可能な医療機関以外で接種を希望される場合に、県内の広域予防接種協力医療機関で定期予防接種を受けることができるようにすることをいいます。

-接種対象者-

(2)かかりつけ医が管外の市町村にいる場合
(3)ハイリスク者(予防接種要注意者)の接種に際して管外の主治医等で接種が必要な場合

-対象となる定期予防接種(ワクチン)の種類-

  • DPT(ジフテリア・破傷風・百日咳)
  • MR(麻しん風しん混合)
  • 日本脳炎
  • DT(ジフテリア・破傷風)
  • インフルエンザ
  • IPV(ポリオ)
  • DPT-IPV(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
  • BCG
  • H i b(インフルエンザ菌b型)
  • 小児用肺炎球菌
  • 高齢者用肺炎球菌
  • 子宮頸がん予防(HPV)
  • 水痘

    ※水痘及び高齢者用肺炎球菌ワクチンについては、平成26年10月から追加となりました。 

-接種種手続き-

  1. 希望者は、管外での接種を希望する旨、住所地市町村担当課にその意向を伝える。
  2. 市町村担当課の許可を受ける。
  3. 接種を希望する広域化協力医療機関に事前予約を行う。
  4. 接種する際、住所地市町村が定める問診票とともに、本人確認できる下記の証書を持参する。
    「健康保険証」
    「乳幼児医療費受給資格者証」
    「母子健康手帳」
    「老人保健医療受給者証(インフルエンザ・高齢者用肺炎球菌のみ)」  等

-広域化協力医療機関リスト-


▼市 ▼海草郡 ▼伊都郡
▼有田郡
▼日高郡
▼西牟婁郡
▼東牟婁郡

 

 

 

-各市町村予防接種担当課-

各市町村の連絡先はこちら

-各種様式(医療機関向け)-


広域予防接種委託契約委任状(通常)
別紙2
広域予防接種委託費請求書
別紙3
広域予防接種協力医療機関辞退届
別紙4

 

予防接種に関するQ&A集

(社)細菌製剤協会のホームページにリンク
(財)日本ポリオ研究所にリンク

 

日本脳炎の予防接種について

-日本脳炎の定期の予防接種について-

   平成17年から日本脳炎ワクチン接種の積極的勧奨を差し控えていたところですが、第1期における接種の安全性が確認されたため、平成22年度より第1期の標準的な接種期間に該当する者(平成22年度においては3歳に対する初回接種)に対して積極的な勧奨を行うことになりました。
厚生労働省HPの日本脳炎予防接種Q&Aにリンク

-日本脳炎とは-

   日本脳炎ウイルスの感染によっておこる中枢神経(脳や脊髄など)の疾患です。ヒトからヒトへのい感染はなく、ブタなどの動物の体内でウイルスが増殖された後、そのブタをコガタアカイエカ(水田等に発生する蚊の一種)などがヒトを刺すことによって感染します。

-日本脳炎ワクチン-

   現行の日本脳炎ワクチンは、日本脳炎ウイルスを感染させたマウス脳の中でウイルスを増殖させ、高度に精製し、ホルマリン等で毒性をなくした(不活化といいます)ものです。
 ワクチンの精製度は極めて高いのですが、極めて微量ながら脳組織成分が残存する可能性や、不純物が混入する可能性が完全に否定できるものではありません。一般的な副反応(副作用)としては、発熱、注射部位の腫れや痛みがみられます。
 また、きわめてまれに強いアレルギー反応が起こることがあります。

-日本脳炎ワクチンの接種と急性散在性脳脊髄炎(ADEM)発症の可能性-

 日本脳炎ワクチンの副反応(副作用)としての急性散在性脳脊髄炎(ADEM)は70~200万回の接種に1回程度、きわめてまれに発生すると考えられています。万が一発症しても通常は軽快し、その後の再発は見られません。
 予防接種によると考えられる急性散在性脳脊髄炎(ADEM)では、通常ワクチン接種後数日から2週間程度の間に発熱、頭痛、けいれん、運動障害等の症状があらわれます。症状が疑われる場合には、医療機関において医師の診察を受けて下さい。
 接種を受けても症状のない場合は、健康診断や検査を受ける必要はありません。

 

任意の予防接種について

   予防接種法で決められていない予防接種や、定期接種の年齢枠からはずれて接種する場合が任意の予防接種です。任意の予防接種は予防接種法による救済制度は適用されませんが、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による救済制度があります。
  任意の予防接種には、予防接種法に定める定期接種のワクチン以外におたふくかぜ、水痘(水ぼうそう)、B型肝炎などがあります。

 

子宮頸がん予防ワクチン積極的勧奨の差し控えについて

  6月14日開催の第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、子宮頸がん予防ワクチン接種後、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等の副反応が見られたことから、厚生労働省は「積極的勧奨の差し控え」を決定しております。ただし、「定期接種の中止」ではなく、接種は継続されておりますので、接種を受けるにあたっては、その有効性と接種による副反応のリスクを十分に理解したうえで受けるようにしてください。

 

 

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について

  「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口」を設置しました。
   予防接種担当部局と教育関係部局が連携し、相談をお受けします。
 

●和歌山県内の相談窓口
 
1.「医療、予防接種健康被害救済制度」などに関すること

  ・和歌山県福祉保健部健康局健康推進課   
     電話番号 073-441-2657
     受付日時 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時45分(土日、祝日、年末年始を除く。)

   (参考)保健所設置市
     和歌山市健康局健康推進部保健対策課   電話番号073-488-5118

2.「学校生活」に関すること

   ・和歌山県教育庁学校教育局健康体育課   
     電話番号 073-441-3692    
     受付日時 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時45分(土日、祝日、年末年始を除く。)

   (参考)保健所設置市   
     和歌山市教育委員会事務局学校教育部保健給食管理課  電話番号073-435-1137

   (リーフレットはこちら)


3.「予防接種の実施」に関すること

  ・お住まいの市町村の予防接種担当課
   (市町村連絡先一覧はこちら)

   ※ ご相談後、お住まいの市町村等の関係部局と連携します。
   ※ 問い合わせ先が不明な場合、「和歌山県福祉保健部健康局健康推進課」まで、ご連絡く ださい。

 

●厚生労働省ホームページ
  :「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について」

参考
 
:「HPVワクチン接種後に生じた症状に対する診療の手引き」

 

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について

  厚生労働省では、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種後に広範な痛みや運動障害を中心とするいろいろな症状のある患者に対して、より身近な地域で適切な診療を提供するため、都道府県単位で協力医療機関を選定し協力医療機関や地域の医療機関などが連携する診療・相談体制を整備しました。

  ※「HPVワクチン接種にかかる診療・相談体制」とは
    (第11回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会資料:抜粋)

  ※「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(厚生労働省リーフレット)」
    子宮頸がん予防ワクチンの接種についてのリスクなど

【和歌山県の協力医療機関】
 ○和歌山県立医科大学附属病院
 ○日本赤十字社和歌山医療センター

(協力医療機関は、原則、地域の医療機関の紹介後など、より専門性の高い医療が必要と判断された場合に診療等を行う医療機関です。)

 HPVワクチン相談窓口(厚生労働省:Tel 03-5524-8137)

  • 子宮頸がん予防ワクチンを接種した後に、気になる症状が出たときは、まずワクチンを接種した医療機関に相談してください。
  • 一般的な相談は、お住まいの市町村担当課でもお受けします。

 

(協力医療機関一覧表)

名 称
和歌山県立医科大学附属病院
日本赤十字社和歌山医療センター
所 在 地
 和歌山市紀三井寺811-1  和歌山市小松原通4-20
電 話 番 号
 073-441-0807  073-422-4171(医事第1課)
F A X 番 号
 073-441-0515  073-426-1168
ホームページURL
 http://www.wakayama-med.ac.jp/  http://www2.kankyo.ne.jp/nisseki-w/
窓口となる診療科
 産科婦人科  第一産婦人科
連携可能な診療科
 神経内科 ・ 小児科 ・ 麻酔科・
 整形外科 ・ 神経精神科
 小児科 ・ 麻酔科 ・ 神経内科