現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課 > 感染症対策班 > 新型インフルエンザ等対策について

和歌山県新型インフルエンザ等対策について

       新型インフルエンザ(A/H1N1)に係る季節性インフルエンザ対策への移行について

 

 平成21年4月に発生が宣言された新型インフルエンザ(A/H1N1)につきましては、平成23年3月31日をもって、厚生労働大臣より感染症法の規定に基づき、「新型インフルエンザ等感染症」ではなくなった旨、公表されました。

 「新型インフルエンザ(A/H1N1)に係る季節性インフルエンザ対策への移行について」(PDF)

 これにより、先の新型インフルエンザは、通常の季節性インフルエンザとして取り扱われることとなり、その対策も通常のインフルエンザ対策に移行し、平成23年4月1日以降は、「インフルエンザ(H1N1)2009」という名称になります。

 県民の皆様には、これまで様々な形で新型インフルエンザ対策にご協力いただき、ありがとうございました。
 なお、季節性インフルエンザについても、毎年冬に流行を繰り返し、多くの死者を出していることから、今後とも予防が大切です。
  皆様におかれましては、日頃から、うがい・手洗いの励行や、マスクの着用等による咳エチケットなど感染防止に努めていただきますようお願いします。


今般の新型インフルエンザ(A/H1N1)の医療対応に係る総括
  インフルエンザ(H1N1)2009に係る総括が確認できます。

その他
      和歌山県における新型インフルエンザ等対策行動計画、抗インフルエンザ薬の備蓄状況などの情報が確認できます。