現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課 > 感染症対策班 > デング熱について

デング熱について

 厚生労働省が海外渡航歴のないデング熱患者の発生について、発表しています。

 デング熱は、蚊を媒介して感染するもので人・人感染はしません。また、発症しても重症化することはまれです。

 過度に心配する必要はありませんが、蚊に刺されてから3~7日程度で高熱などの症状が見られれば、デング熱の可能性があるため、早めに医療機関を受診してください。

【デング熱とは】

  1. 発生状況
    • アジア、中南米、アフリカなど熱帯,亜熱帯地域に広く見られます。
    • 日本では、海外で感染し帰国後発症する輸入症例が、近年は年間約200例報告されています。
    • 過去60年以上国内における感染報告はありませんでしたが、2014年8月以降、国内感染事例が多く確認されています。
  2. 潜伏期
    2~15日(多くは3~7日)

  3. 症状
    突然の発熱、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、皮疹など

  4. 治療
    対症療法が中心です。有効な抗ウイルス薬はありません。 

  5. 予防
    • 長袖、長ズボンを着用し、素足でのサンダル履き等は避けましょう。
    • 虫よけ剤の使用等によって、屋外だけでなく屋内でも蚊に刺されないように注意しましょう。
    • 室内の蚊の駆除を心がけて下さい。
    • 蚊幼虫の発生源を作らないように注意してください。

【医療機関へのお願い】

  デング熱疑いの患者を診察したときは、「デング熱疑い患者情報提供票」を記入の上、最寄りの保健所まで情報提供していただきますようお願いします。

「デング熱疑い患者情報提供票」

   県立保健所等の連絡先はこちら

【その他】 

 デング熱に関する詳細は次のリンクへ 
  ■ 厚生労働省(デング熱について)
  ■ 国立感染症研究所(デング熱・デング出血熱)