現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課 > エイズについて > HIV(エイズ)検査について 

HIV(エイズ)検査について

 HIV感染の検査については、各都道府県の保健所で匿名・無料で受けることが出来ます。心配な方は、エイズの検査を積極的に受けてください。感染の可能性があったときから3ヶ月以降であれば、感染したかどうかの確実な判定ができます。検査結果を知ることは、二次感染防止ばかりでなく、自分自身にとっても、医師の指導を守りながら生活することにより発病を抑えることが可能となるため、非常に重要なことです。現在では、発病を抑える良い薬も開発されており、世界中で治療薬やワクチンなどの研究が進んでいます。

  いつでも気軽に相談してください!

HIVに感染した不安があるとき

  HIVに感染してもとくに自覚症状はありません。 今のところ血液検査(抗体検査)で確認することが確実な方法です。

不安のある時の相談はどこへ…? 保健所へ  

  保健所へ電話で相談してください。匿名でOKです。プライバシーは守ります。 血液検査の電話予約もしています。

検査はどこで…?保健所で

  保健所で受けることができます。
  保健所では和歌山県だけでなく全国どこでも匿名で実施しています。 また、プライバシーが守られるようそれぞれ工夫をしています。 検査の前後での相談や、結果の説明に加え必要に応じて医療機関への紹介等も行います。

検査はいつごろ…?3ヶ月よりあとに

 「感染直後は正しい結果が得られません」
  HIVに感染すると、体内ではHIVに対抗するために血液にHIVの抗体が作られます。この抗体の有無を調べることで、HIVに感染しているかどうかを知ることができます。  ただし、HIVに感染してから抗体ができるまでには通常6~8週間かかります。従って、感染直後は検査を受けても正しい結果は得られません。(抗体ができる前の時期をウインドーピリオドといって、正確な判断ができません)なお、一部の保健所のHIV検査では抗体検査に加え、ウイルス検査も行っています。

血液検査はどのように…?

  血液を採って、血液の中にHIVに対する抗体ができているかどうかを調べます。 検査は専門の検査機関で、まずスクリーニング検査をし、さらに確認検査でまちがった結果が出ないように厳密に行われます。 結果は約1~2週間後に本人に直接お会いしてお知らせします。 (電話や文書による結果通知や、学校、会社など本人以外にはお知らせしません。)

即日検査

  和歌山県では、平成19年度から県下全域でHIV即日検査(原則としてその日のうちに結果が分かる検査)を行っています。
詳細につきましては、こちらをご覧ください。


※県内保健所の所在地一覧← ここをクリックして下さい