現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 子ども・女性・障害者相談センター > 和歌山県高次脳機能障害支援拠点機関

和歌山県高次脳機能障害支援拠点機関
和歌山県子ども・女性・障害者相談センター

高次脳機能障害とは・・・

 脳血管障害や頭部外傷などの原因により脳が損傷を受け、言語や記憶などの機能に障害が起こり、日常生活にさまざまな困難が生じるものです。

  この障害は外見上わかりにくいため、まわりの方々に理解されにくく、ご本人やご家族の負担が大きなものになっています。

高次脳機能障害支援のこれまで

平成13年度 
高次脳機能障害支援モデル事業の実施( 国 )

平成18年度 
障害者自立支援法78条に基づく都道府県地域生活支援事業の一環として「高次脳機能障害支援普及事業」を実施
 (この事業は実施主体が都道府県となり、高次脳機能障害者への支援拠点機関及び施設を置き、高次脳機能障害に対する専門的支援や地域支援のネットワーク形成等を行うものとされています。)

平成20年11月 
和歌山県子ども・女性・障害者相談センターが拠点機関となり、さまざまな相談や研修などの事業を開始

平成25年4月

「高次脳機能障害支援普及事業」が「高次脳機能障害及びその関連障害に対する支援普及事業」と変更されました

施設紹介

高次脳機能障害及びその関連障害に対する支援普及事業研修会等

リーフレット