現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 国際課 > 和歌山県パスポートセンター > 切替申請

切替申請|和歌山県パスポートセンター

有効な旅券(パスポート)をお持ちの方の申請

◇切替申請ができるのは、現在有効な旅券をお持ちで下記に該当する方です。

 ※ 切替申請の場合、お持ちの旅券の残存有効期間は、新旅券に繰り越さず、切り捨てとなります。

画像

申請に必要な書類

一般旅券発給申請書 1通 5年用・10年用のいずれか
・申請時20歳以上の方は、いずれかを選択できます。
・申請時20歳未満の方は、5年用のみの申請となります。
申請書は直接、機械で読み取りますので折ったり汚したりしないでください。
戸籍抄本(謄本)
(原則不要です。)

※但し、下記の場合は必要(申請日前6ヵ月以内に発行されたもの)
①氏名や本籍地の変更、法律に拠る性別変更がある場合
②未成年者(親権者を確認する必要があるため)
③一時帰国者
④成年被後見人
⑤非ヘボン式表記・別名併記を希望する場合
⑥パスポートの旅券面(写真面)がほとんど判読できないほど損傷した場合

 ※届出直後に渡航の必要があり、新戸籍の編成が間に合わない場合は、新戸籍のかわりに婚姻届受理証明書等(届出をした役所で交付:有料)で申請できます。ただし、旅券受取時に新戸籍抄(謄)本を提出していただきます。

写真 1枚 (詳細は、新規申請の必要書類 3、写真の説明をご覧ください。)

有効旅券 現在お持ちの有効旅券を必ずお持ちください。その旅券を提出していただかないと受付できません。

住民票
住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を利用する場合、住民票は省略できます。
※但し、以下の場合は必要です。(申請日前6ヵ月以内に発行されたもの)
住民登録の変更直後に申請される方(変更後のもの)
和歌山県内に住民登録されていない学生又は、長期出張者等の方が、一定の条件を満たして、和歌山県内の居所で旅券申請される場合
居所申請へ
日曜日に申請される方

損傷旅券の切替えの場合は、損傷の程度等を確認させていただき、重損傷の場合は事情説明書(様式自由)をあわせて提出していただきますので、申請者本人がお越しいただくか事前に旅券窓口にお問い合わせください。


未成年者、又は成年被後見人が申請する場合

  1. 申請書裏面の「法定代理人署名欄」に、親権者又は後見人の署名が必要です。
  2. 親権者又は後見人が遠隔地にいて申請書に署名できない場合は、親権者又は後見人の署名のある「旅券申請同意書」を提出してください。
    未成年者の申請へ


代理人が申請書を提出する場合

  1. 本人の申請に必要な書類等一式
  2. 代理人の本人確認書類(1点)
    代理申請


その他

  • 刑罰等関係欄に該当する方等は、必ず本人がお越しください。
  • 刑罰等関係の「はい」に該当する方は、別の手続きが必要ですのであらかじめ和歌山県パスポートセンターにお問い合わせください。


お問い合せ先
和歌山県パスポートセンター(電話:073-436-7888)
各振興局旅券窓口(取扱窓口参照)