きのくに共育コミュニティ

きのくに共育コミュニティ

学校の最大の使命は、学校の主役である子供たちが生き生きと学び、スポーツや文化活動に個性を発揮して、自信をもち、社会の形成者として 必要な資質を育むことです。しかしながら、社会が急速に変化し、子供たちを取り巻く環境も複雑化する中、規範意識の低下や生徒指導上の諸問題など様々な課題が生じています。
そうした課題を解決するためには、様々な教育課題を統一的に捉え直し、社会に参画する学びの中で、人と人のつながりや働くことの大切さなどを理解させるとともに、規範意識や責任について体得させていく ことが必要です。そして、このためには、各学校が地域社会との連携・協働し、積極的に教育活動を展開していくことが重要となります。また、その基盤には学校と地域が共に支え合う関係がなくてはなりません。
本県においては、独自の教育振興施策「きのくに共育コミュニティ」構想のもと、学校等を拠点に、児童生徒、教職員、保護者はもとより、地域の様々な立場の人々が、それぞれの課題や願いを共有し合い(共同学習)、具体的な取組(共同実践)へと発展させる仕組みを構築し、人々の出会いとつながりを大切にしながら、学校の活力と地域の活力を共に高めていけるような、「実践的な学びの拠点」を県全体に根付かせていこうと、各市町村教育委員会と一体となって様々な取組を進めています。

■「共育コミュニティ」とは?

中学校区程度を活動エリアとして、学校・家庭・地域が力を結集し、子供たちを豊かに育み、人と人とのつながりを再構築することをめざした「地域共育 コミュニティ」づくりを全県的に進める取組です。
学校を拠点として、「子供のために」「子供を中心に」を合言葉に、学校・家庭・地域がそれぞれの思いや願いを寄せ合い、話し合う機会や場を大切にし ながら、これまで取り組んできた活動を見直したり、新たにお互いが協働した活動を生み出そうとしています。
各学校で選任している地域との連携を担当する教員と、地域学校協働活動をコーディネートする地域学校協働活動推進員等がキーパーソンとなって、学校と地域 を結びつけながら、持続的、自立的につながっていける仕組みづくりを進めていきます。

■「共育(きょういく)」という言葉の意味

「子供も大人も共に育ち、育て合う」という願いを込めてつくった言葉です。

<「共育コミュニティ」に取り組 むことのメリット(期待される効果)>

学校に とって
様々な地域の方が参画することで、豊かな教育活動が展開できます。学校運営に地域住民の協力を得ることで、教員が子供とふれあう時間が確保できます。地域の多くの大人の目(関心)が学校(子供)に注がれ、結果とし て、学校(子供)の安全確保につながります。

地域にとって
子供(学校)に関わる活動に参加するなど、地域住民の経験や知識・技能を生かした社会参加の機会を提供することができます。結果として、生涯学習の振興、地域の教育力の向上に寄与するとともに、地域社会の活性化につながります。

家庭にとって
学校での子供の様子がよくわかるようになり、保護者の子育てに対する意識・関心が高まり、結果と して家庭の教育力の向上につながります。

■共育ミニ集会を開催しよ う!

学校・家庭・地域の力を結集し、「地域の子供をどう育てるか」を共に考え、話し合う場として「共育ミニ集会」(以下「ミニ集会」)の開催を推進します。
この「ミニ集会」は、学校等を会場に、誰もが自由に参加でき、学校・家庭・地域の様々なテーマで、かつての「井戸端会議」のように、気軽に気楽に 語り合う場です。この語り合いにより出会いが生まれ、地域の大人がつながることで、子供たちの確かな育ちと学びを支える学校づくり・地域づくりが期待で きます。
「ミニ集会」開催の参考資料として、「実施マニュアル」及び「虎の巻」を作成しましたのでご活用ください。
※「虎の巻」については、各地域での実施情報等を取り入れながら、バージョンアップしていく予定です。

「共育ミニ集会」実施マニュアル

「共育ミニ集会」虎の巻Ver.1.01

・「共育ミニ集会」チラシ 表面裏面


■教育広報テレビ番組 「はばたく紀の国」~教育は今~

H26

みんなの力で豊かな心を育もう!
~つながり合い、支え合い、学び合う~

H.25

やっぱり大切!大人も子どもも「早ね・早おき・朝ごはん!」

H.23

子どもも大人も「早ね・早おき・朝ごはん!」

H.23

子育てママたちによる、子育て支援活動

H.22

「今こそ公民館」~公民館活動の魅力を伝える~

H.22

「地域ふれあいルームで育つ子どもたち」
~心のバリアフリーをめざして~

H.21

「私 地域共育コーディネーターです!」
~地域の元気、学校の元気を支えます~

H.20

「きのくに共育コミュニティ」
~共に育ち、育て合う~


■リーフレット・実践事例集など

■きのくに共育コミュニティ リーフレット (平成27年度作成)

共育コミュニティの取組について、教職員や保護者をはじめ、広く地域の方々

に理解していただくとともに、地域ぐるみで子供たちを育てる気運を高めるた

めにリーフレットを作成しまし た。

リーフレット(表)

リーフレット(裏)

27年チラシ表 27年チラシうら

H26

つながる ひろがる 共育の輪
平成26年度きのくに共育コミュニティ実践事例集

H25

・リーフレット

きのくに共育コミュニティ
~つながる ひろがる 共育の輪~

H.23

・「開かれた学校づくり 教職員ガイドブック」
~ここから始める つながるづくり~

H.22

実践事例集 つながる ひろがる 共育の輪

H.22

・~共に育ち育て合う~きのくに共育コミュニティ
リー フレット ・おもて面 ・裏面

H.21

・実践事例集つながる ひろがる 共育の輪

H.21

「開かれた学校づくり 教職員ガイドブック」
~地域とつながる元気な学校~

H.21

きのくに共育コミュニティ
「地域共育コーディネーター ガイドブック」

H.20

H20 実践事例集 つながる ひろがる 共育の輪

H.20

(ハンドブック)あなたの力で子どもを笑顔に!地域を元気に!
~学校支援ボランティアを始めるために~

H.20

・「共に育ち、育て合う ~共育コミュニティの形成~」
リーフレット ・おもて面・うら面