子供の居場所

 子供の豊かな育ちを支えるためには、学校・家庭・地域が相互にしっかりとした信頼関係を築きながら、それぞれの役割を果たしていく必要があります。そのためにも、地域の人と人とのつながりを深めながら、子供たちが地域に愛着を持ち、地域の良さに気づくような活動や体験の場を積極的に提供していくことが大切です。

 そのため、学校の空き教室や公民館等を活用し、地域の方々の協力を得ながら、様々な体験活動や学習支援等を行う「地域ふれあいルーム」や「子どもの居場所づくり」の開設を推進しています。子供の豊かな育ちや学びを支えるとともに、関わる大人同士の学びや新たなつながりが生まれています。                                                                                                                 

子どもの居場所づくり推進事業

  放課後一人で過ごさなければならない子供を含む、主に小学校4年生から6年生の児童を対象に、公民館や学校の空き教室等を活用し、地域の方々の協力を得ながら、学習支援や大人との交流活動を行う取組です。地域の実情に応じて、住民の方々の創意工夫による多彩な活動が展開されています。学習や交流活動の機会を継続的・定期的に提供する居場所を開設することにより、子供の学習意欲の向上や学習習慣の定着、大人とのふれあいに よる自己肯定感・自尊感情の高揚、コミュニケーション力の向上につながると期待しています。

 こうした子供を核とした活動を通して、大人自身の新たな学びやつながりを生みだし、学校・家庭・地域・各種団体等が共に育ち、育て合う関係を構築する「地域共育コミュニティの形成」及び「地域の教育力の向上」を図る取組としたいと考えています。


●子どもの居場所づくり推進事業 【活動内容・様子はこちら

地域ふれあいルーム

 放課後や週末等に小学校の余裕教室等を活用し、地域の方々の参画を得ながら、子供たちと共にスポーツ・文化活動など様々な体験活動プログラムを提供する「地域ふれあいルーム」(放課後子ども教室・土曜日等子ども教室)を県内各地に開設し、子供と大人の交流活動を推進しています。

 また、障害のある子供の居場所として、県内の県立特別支援学校において、「いきいき交流教室」を開設しています。(※放課後等デイサービスを利用する県立みくまの支援学校を除く)

 各ルームでは、市町村運営委員会等が中心となって、活動内容全般について企画します。多くの地域住民の方々の協力を得ながら、年間を通じて、各種スポーツや伝統芸能、科学実験など住民の方々の創意工夫による多彩な取組が展開されています。


 ●放課後子ども教室・土曜日等子ども教室推進事業 【活動内容・様子はこちら

 ●いきいき交流教室・通学合宿【活動内容・様子はこちら

令和3年度市町村事業実施状況一覧

 ●実施状況一覧 ※令和3年度和歌山県の生涯学習〈資料編〉より New


 

教育広報テレビ番組 「はばたく紀の国」~教育は今~

R.2 地域みんなで育てよう!『未来を担う子供たちを!』
概要 地域は、『様々な力』をもっています。
「きのくにコミュニティスクール」の中でおこなわれている家庭教育支援、放課後の子供たちの学びや大人とのふれあいの様子を伝えます。

H.22

地域ふれあいルームで育つ子どもたち
~心のバリアフリーをめざして~

概要

和歌山県紀の川市では、NPO法人に委託し、障害のある子もない子も共に育つ子供の居場所、地域ふれあいルーム「みんなの家」を開設しています。子供たちが地域に包まれながら、いきいきと活動する様子を紹介し、心のバリアフリーの大切さについて考えます。(手話)

研修会

【令和3年度】

 令和3年度新・放課後子ども総合プラン指導者研修会

   ・令和3年8月28日(土曜日)紀北会場 〈開催要項〉  ⇒延期

   ・令和3年8月29日(日曜日)紀南会場 〈開催要項〉  ⇒延期

【令和2年度】

 令和2年度新・放課後子ども総合プラン指導者研修会
  ・令和2年10月11日(日曜日)紀南会場  〈開催要項〉 〈研修内容〉

  ・令和2年11月  1日(日曜日)紀北会場  〈開催要項〉 〈研修内容〉

【 令和元年度 】

 令和元年度「新・放課後子ども総合プラン」・子どもの居場所づくり指導者等研修会  〈開催要項〉

■関連ページ

 ●地域学校協働活動(文部科学省ホームページ)  〈外部リンク〉
 ●新・放課後子ども総合プラン(文部科学省ホームページ)  〈外部リンク1〉 〈外部リンク2〉