令和3年度和歌山県ゴールデンキッズ発掘プロジェクト【7月17日】育成プログラム

「育成プログラム」について

日 時  令和3年7月17日(土)  

     (1)【13期生】 17:30~18:30

     (2)【14期生】【15期生】 ※女子のみ 16:00~18:00

場 所  (1)マツゲンスポーツグラウンド (日高郡日高町荊木383-1)

     (2)海南スポーツセンター サッカー場 (海南市船尾260-3)

内 容  

(1)マツゲンスポーツグラウンド

13期生(6年生)

17:30~

 19:25

スペシャルプログラム

『ホッケー 』

指導者:和歌山県ホッケー協会

   中山浩平氏、西川巧望氏

19:30~ 諸連絡・解散

(2)海南スポーツセンター  サッカー場

14期生(5年生)・15期生(4年生) ※女子のみ

16:00~

 17:55

スペシャルプログラム

『サッカー』

指導者:(一社)和歌山県サッカー協会

    土橋佑也氏、松尾直人氏

    野口勇太氏、雑賀俊浩氏

18:00~ 諸連絡・解散

※14期生(5年生)・15期生(4年生)の男子はありません。

プログラムの様子

【13期生】

○スペシャルプログラム「ホッケー」

和歌山県ホッケー協会の皆様にご指導いただき、ホッケー競技を行いました。スティックの使い方や、ドリブル・パス練習を行った後に試合を行いました。ホッケー競技ではスティックの片面しか使えないことや、足にボールが触れてしまうとファールになる等、今まで体験した他の種目との違いに戸惑いながらも、試合になるとルールを意識しながら取り組めていた様子でした。

1 1 1
1 1 1

【14期生・15期生女子】

○スペシャルプログラム「サッカー」

3グループに分かれて、トレーニングを行いました。それぞれのエリアに置かれたコーンの間をドリブルで通ったり、2人組でパスを通したりしました。途中、3ヵ所のコーンの間を誰が最も早く通れるかなど競い合い、楽しく取り組む中で、周りを見ることや空いているスペースに動くことを学ぶことができました。シュート練習では、強くて正確なシュートを目指して、コーンを倒すことにチャレンジしました。最後は、試合でした。勝利を目指して、みんな積極的に動いていました。指導者から、「みんなの力でゴールは決まる。だから、ゴールが決まった後、みんなで喜ばないと得点にならないことにするね!」というルールが加わり、実際にゴールが決まった後は、「やったー!」と喜び合っていました。いろいろなメニューに楽しく取り組み、上達が感じられたプログラムとなりました。また、14期生と15期生の異学年交流の良い機会にもなりました。

1 1 1
1 1 1