Listen to this page using ReadSpeaker

試験のあれこれ
Q
&
A

Q
Ⅰ種試験は大学卒業(見込み)者でないと受験できませんか
A
Ⅰ種試験の「大学卒業程度」とは、試験問題の程度が大学卒業程度であるということであり、受験資格を満たしていれば、学歴に関係なく受験ができます。受験資格の詳細は試験案内で確認してください。
Q
Ⅰ種試験の「一般行政職特別枠」で求める人材は具体的にどのようなものですか
A
特別枠で求められる人材例は以下のとおりです。
・海外での活動経験や海外とのハイレベルな交流経験がある人
・国内外での顕著な社会貢献活動で中心的な役割を担った経験がある人
・国際・全国レベルのスポーツ大会で優秀な成績を収めた人
・高度な専門的知識・経験を有する人
Q
出身地、出身校、学部、性別、職歴などによって有利・不利はありますか
A
一切ありません。採用試験は公平・公正に行っています。
Q
第1次試験の際の服装はどんなものがよいのですか
A
服装は特に指定していません。過ごしやすい服装で受験してください。
Q
試験に合格しても採用されないことがあるのですか
A
競争試験の場合、試験に合格すると採用候補者となり、採用候補者名簿に氏名が登載され、任命権者は人事委員会が提示した名簿の中から採用します。退職者の状況等により、試験に合格しても採用されない場合がありますが、例年、本人が採用を辞退したり、採用に必要な資格等を満たすことができなかった場合を除き、試験に合格された方は全員採用されています。
Q
採用後の研修とはどういったものですか
A
職員に採用されると、県職員としての自覚と意識の確立を図り、職務上必要な知識を習得し、職場への適応能力を養うために、「新規採用職員研修」を前期、中期、後期に分けて受けていただきます。 その後、経験年数に応じた研修や昇任に際しての研修があります。特に、主査(係長級)昇任までの間、「対人能力」、「政策形成能力」等を集中的に身に付けるための研修制度を設けています。また、国・民間企業等への派遣研修等もあります。(派遣研修については、https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/210100/saiyo/2020/ikuji.html パンフレットではP3、を参照)
Q
その他どのような職種の採用がありますか
A
毎年定期的に行われる職員採用試験のほかに、急を要する欠員補充の場合等、採用試験を随時実施しています。その際は、和歌山県人事委員会ホームページ、県広報紙「県民の友」に職員採用情報を掲載しますので、確認してください。
ページのトップへ戻る