会議録の閲覧

トップページ  >>  会議録の検索と閲覧 >>  目次


平成30年6月 和歌山県議会定例会会議録

第8号(全文)


◆ 汎用性を考慮してJIS第1・2水準文字の範囲で表示しているため、人名等、会議録正本とは一部表記の異なるものがあります。人名等の正しい表記については「人名等の正しい表記」をご覧ください。

平成30年6月
和歌山県議会定例会会議録
第8号
────────────────────
議事日程 第8号
 平成30年6月29日(金曜日)
 午前10時開議
 第1 議案第98号から議案第110号まで並びに報第1号及び報第2号(委員長報告・同質疑・討論・表決)
 第2 議案第114号から議案第116号まで(委員会付託等省略、表決)
 第3 意見書・決議案
 第4 常任委員会及び議会運営委員会閉会中継続審査の件
 第5 特別委員会閉会中継続審査の件
────────────────────
会議に付した事件
 第1 議案第98号から議案第110号まで並びに報第1号及び報第2号(委員長報告・同質疑・討論・表決)
 第2 議案第114号から議案第116号まで(委員会付託等省略、表決)
 第3 意見書案
 第4 議員派遣の件
 第5 常任委員会及び議会運営委員会閉会中継続審査の件
 第6 特別委員会閉会中継続審査の件
────────────────────
出席議員(40人)
 1番 中西峰雄
 2番 秋月史成
 3番 立谷誠一
 5番 前芝雅嗣
 6番 花田健吉
 7番 井出益弘
 8番 宇治田栄蔵
 9番 川畑哲哉
 10番 玉木久登
 11番 濱口太史
 12番 鈴木太雄
 13番 尾ア太郎
 14番 藤山将材
 15番 尾崎要二
 16番 中村裕一
 17番 岩田弘彦
 18番 中本浩精
 19番 服部 一
 20番 山本茂博
 21番 冨安民浩
 22番 吉井和視
 23番 堀 龍雄
 24番 中 拓哉
 25番 岸本 健
 26番 森 礼子
 27番 谷 洋一
 28番 新島 雄
 29番 岩井弘次
 30番 多田純一
 31番 片桐章浩
 32番 藤本眞利子
 33番 浦口高典
 34番 山下直也
 35番 山田正彦
 36番 菅原博之
 37番 谷口和樹
 38番 奥村規子
 39番 雑賀光夫
 41番 坂本 登
 42番 長坂隆司
欠席議員(なし)
〔備考〕
 4番 欠員
 40番 欠員
────────────────────
説明のため出席した者
 知事         仁坂吉伸
 副知事        下 宏
 知事室長       宮ア 泉
 危機管理監      藤川 崇
 総務部長       浦上哲朗
 企画部長       田嶋久嗣
 環境生活部長     山田成紀
 福祉保健部長     山本等士
 商工観光労働部長   山西毅治
 農林水産部長     原 康雄
 県土整備部長     森戸義貴
 会計管理者      中西 淳
 教育長        宮下和己
 公安委員会委員長   溝端莊悟
 警察本部長      宮沢忠孝
 人事委員会委員長   平田健正
 代表監査委員     保田栄一
 選挙管理委員会委員長 小濱孝夫
────────────────────
職務のため出席した事務局職員
 事務局長       田村公一
 次長         糸川 徹
 議事課長       松山 博
 議事課副課長     山田修平
 議事課議事班長    岸裏真延
 議事課主任      保田良春
 議事課主査      伊賀顕正
 議事課主事      大森圭悟
 総務課長       田中健司
 総務課総務班長    岩谷隆哉
 総務課主事      吉田夏星
 政策調査課長     中平 博
 政策調査課副課長   尾ア 保
 政策調査課総括調査員 渕川 博
────────────────────
  午前10時0分開議
○議長(藤山将材君) これより本日の会議を開きます。
 この際、暫時休憩いたします。
  午前10時0分休憩
────────────────────
  午後1時29分再開
○議長(藤山将材君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 日程第1、議案第98号から議案第110号まで並びに知事専決処分報告報第1号及び報第2号を一括して議題とし、順次、常任委員会委員長の報告を求めます。
 総務委員会委員長秋月史成君。
  〔秋月史成君、登壇〕(拍手)
○総務委員会委員長(秋月史成君) 総務委員会における審査の経過並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載されております議案2件、知事専決処分報告2件であります。
 委員会は、6月26日、28日の2日間、第1委員会室において開催し、会計局、人事委員会、監査委員、選挙管理委員会、知事室、企画部、総務部の順に当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第98号及び議案第99号は全会一致をもって原案のとおり可決するべきものと決しました。次に、知事専決処分報告報第1号及び報第2号は、全会一致をもって原案のとおり承認するべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、企画部関係では、IR誘致によるギャンブル依存症に対する国及び県独自の取り組みの周知について、IR誘致による経済波及効果等について、IR誘致における土地等権利関係について、IR誘致に係る経費について、IR誘致に関する県民意識調査の実施について、サイクリングイベントによる経済波及効果等について、交通空白地や交通弱者に対するバス路線の充実について、総務部関係では、和歌山県国民保護計画の変更について、土木学会が公表した南海トラフ地震にかかわる被害想定について、大阪北部地震にかかわっての安全点検について、クールビズ期間中の空調の設定温度についてであります。
 以上をもちまして、総務委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(藤山将材君) 福祉環境委員会委員長堀 龍雄君。
  〔堀 龍雄君、登壇〕(拍手)
○福祉環境委員会委員長(堀 龍雄君) 福祉環境委員会における審査の経過並びに結果について、御報告を申し上げます。
 当委員会に付託された案件は、議案付託表に記載のとおり、議案3件であります。
 委員会は、6月26日、第2委員会室において開催し、環境生活部、福祉保健部の順に当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第98号、議案第105号及び議案第106号については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、環境生活部関係では、和歌山県太陽光発電事業の実施に関する条例における住民の意見の扱いについて、太陽光発電事業認定の県の判断について、和歌山県太陽光発電事業調査審議会の委員選考の考え方について、住宅宿泊事業の届け出数と地域の内訳について、民泊に関する住民からの苦情や通報の対応について、民泊条例制定に関する国からの通知等について、本県における水道施設の耐震化について、本県における石綿セメント管の更新状況について、NPO法人数と活動分野別の状況について、今年度開設したネットトラブル相談窓口への相談件数及び周知方法について、スマートフォンのフィルタリングアプリ導入に関する国や携帯キャリアの動向について、県の消費者相談件数、その内容及び解決方法について、高齢者をターゲットにしたソーラー発電の勧誘について、判断能力が低下した高齢者や社会経験が少ない子供を狙う悪質業者への対策について、保健所の犬猫抑留施設の建てかえ等について、ボランティア協議会をつくり土日に子犬や子猫を預けることについて、福祉保健部関係では、子供の生活実態調査の検討状況、内容及び活用について、本県における介護保険料の金額及び今後の見通しについて、介護保険料及び利用者負担が増加している中で国への働きかけについて、本県の介護保険料が高い要因について、本県における介護職の人材不足の状況について、自殺者の年齢層、原因及び対策について、自殺予防活動をしている団体への補助制度について、リハビリ職養成大学の誘致場所検討の経緯について、リハビリ職養成大学の進出意向表明の受け付け期間について、リハビリ職養成大学誘致に向けた和歌山市との協議について、リハビリ職の中長期的な需給について、乳房デジタル検診車及び小型検診車の入札の経緯、応札者数及び金額の妥当性について、補聴器に係る助成の現状及び身体障害者手帳取得に対する制度の周知について、旧優生保護法における本県の状況について、ギャンブル依存症の相談窓口の周知について、平成28年度に赤字決算となった後の県立医科大学の経営状況について、県立医科大学の経営改善計画にある入札制度の見直しについてであります。
 以上をもちまして、福祉環境委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(藤山将材君) 経済警察委員会委員長岩田弘彦君。
  〔岩田弘彦君、登壇〕(拍手)
○経済警察委員会委員長(岩田弘彦君) 経済警察委員会における審査の経緯並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案2件であります。
 委員会は、6月26日、第3委員会室において開催し、公安委員会、商工観光労働部・労働委員会の順に当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第98号、議案第103号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目を申し上げますと、公安委員会関係では、児童相談所と警察の連携強化について、取り調べにおける手話通訳の対応について、飲酒運転対策について、ペダルつき原動機付自転車「モペット」による交通違反の現状について、過疎化が進む地域での警察官の巡回活動強化について、郡部への防犯カメラの設置について、可搬式オービスによる取り締まりについて、暴走族への対応について、商工観光労働部・労働委員会関係では、IR誘致推進のための商工分野での取り組みと商工観光労働部における対応窓口についてであります。
 なお、6月26日、委員会終了後、和歌山県警察学校において県警察警備部機動隊・機動警察通信隊によるドローンを活用した要救助者捜索・救出救助訓練等について調査を行いました。
 以上をもちまして、経済警察委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(藤山将材君) 農林水産委員会委員長川畑哲哉君。
  〔川畑哲哉君、登壇〕(拍手)
○農林水産委員会委員長(川畑哲哉君) 農林水産委員会における審査の経過並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案1件であります。
 委員会は、6月26日、第4委員会室において開催し、当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第98号については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 なお、当委員会から意見書案を提出することになっておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、クロマグロ漁獲可能量の現状について、県民の野菜消費量について、野菜フェスタへの県の協力について、林業関係の繰越額の主な理由について、遊休地への植林事業について、鳥獣害被害の県内の地域別の状況について、森林ゾーニングの効果、進捗状況についてであります。
 以上をもちまして、農林水産委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(藤山将材君) 建設委員会委員長中西峰雄君。
  〔中西峰雄君、登壇〕(拍手)
○建設委員会委員長(中西峰雄君) 建設委員会における審査の経過並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案9件であります。
 委員会は、6月26日、第5委員会室において開催し、当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第98号、議案第100号から議案第102号、議案第104号及び議案第107号から議案第110号については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 なお、当委員会から意見書案を提出することになっておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、仮称・和歌山南スマートインターチェンジに係る県道の進捗状況と開通見込みについて、住宅耐震の制度拡充と進捗状況について、西脇山口線の進捗状況と今後の見通しについて、第二阪和国道と京奈和自動車道を連絡する道路の調査状況について、ブロック塀の補強等に関する補助制度について、県庁東別館付近のブロック塀について、県営住宅鴨沼団地の火災について、県営住宅の連帯保証人について、県営住宅西浜団地の管理に関する県の考え方について、公共工事に係る県営住宅への特定入居について、県道三田海南道路改良工事に係る訴訟提起について、有田海南道路の進捗状況と供用めどについて、すさみ串本道路及び串本太地道路の進捗状況について、土木学会が発表した「『国難』をもたらす巨大災害対策についての技術検討報告書」に関する県の見解について、放置艇対策について、南紀白浜空港の民間活力導入事業について、紀の川市西脇地区の斜面崩落について、橋梁やトンネルのメンテナンスについて、根来川の改修について、木積川の竹やぶの伐採についてであります。
 以上をもちまして、建設委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(藤山将材君) 文教委員会委員長多田純一君。
  〔多田純一君、登壇〕(拍手)
○文教委員会委員長(多田純一君) 文教委員会における審査の経過並びに結果について、御報告を申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案1件であります。
 委員会は、6月26日、第6委員会室において開催し、当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第98号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、部活動における体罰について、教育委員会における働き方改革の取り組みについて、「『世界津波の日』高校生サミット」開催について、防災リーダーの育成について、高等学校における不登校生徒・中途退学する生徒のその後について、教育現場における手話言語条例の活用について、きのくにコミュニティスクールの設置状況について、県立学校における1年間での退学者数について、教育委員会制度について、県立中学校の教科書採択について、貧困児童の問題について、地域の教育力について、防災教育の現状について、和歌山県教育振興基本計画における幼児教育について、スポーツプロジェクト推進担当の教育企画員の職務についてであります。
 以上をもちまして、文教委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(藤山将材君) 以上で、常任委員会委員長の報告が終わりました。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております案件については討論の通告がありませんので、これより直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 これより採決に入ります。
 まず、議案第100号を採決いたします。
 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。
 本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(藤山将材君) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第98号、議案第99号及び議案第101号から議案第110号までを一括して採決いたします。
 本案に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。
 本案をいずれも委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(藤山将材君) 起立全員であります。よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。
 次に、知事専決処分報告報第1号及び報第2号を採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、いずれも承認であります。
 本件をいずれも委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(藤山将材君) 起立全員であります。よって、本件はいずれも承認することに決定いたしました。
 次に日程第2、議案第114号から議案第116号までを一括して議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 本案について質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。本案については、いずれも委員会付託等を省略し、これより直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 この際、申し上げます。
 人事委員会の委員に係る議案については無記名投票をもって採決を行い、その後、収用委員会の委員及び予備委員に係る議案については起立により採決を行うことといたします。
 これより採決に入ります。
 議案第114号和歌山県人事委員会の委員の選任につき同意を求めるについてを採決いたします。
 議場を閉鎖いたします。
  〔議場閉鎖〕
○議長(藤山将材君) ただいまの出席議員数は、議長を除き39人であります。
 お諮りいたします。立会人に、16番中村裕一君、22番吉井和視君、39番雑賀光夫君、42番長坂隆司君の4君を指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、立会人に以上の4君を指名いたします。
 念のため申し上げます。投票は無記名であります。投票用紙に、本県人事委員会の委員に木村義人君を選任するにつき同意することに賛成の諸君は「賛成」と、反対の諸君は「反対」と記載願います。
 なお、この際、白票は無効といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、白票は無効とすることに決定いたしました。
 投票用紙を配付いたします。
  〔投票用紙配付〕
○議長(藤山将材君) 配付漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
  〔投票箱点検〕
○議長(藤山将材君) 異状なしと認めます。
 点呼に応じて順次投票願います。
 点呼いたします。
  〔氏名点呼・投票〕
○議長(藤山将材君) 投票漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  〔議場開鎖〕
○議長(藤山将材君) これより開票を行います。
 立会人の立ち会いをお願いいたします。
  〔開票〕
○議長(藤山将材君) 投票の結果を報告いたします。
 投票総数39票、うち有効投票39票、無効投票なし。有効投票中、賛成39票、反対なし。
 以上のとおり、賛成全員であります。よって、議案第114号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第115号和歌山県収用委員会の委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 本県収用委員会の委員に仲谷美幸君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(藤山将材君) 起立全員であります。よって、議案第115号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第116号和歌山県収用委員会の予備委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 本県収用委員会の予備委員に藍畑幾子君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(藤山将材君) 起立全員であります。よって、議案第116号は同意することに決定いたしました。
 次に、日程第3に入ります。
 和議第73号「クロマグロ資源管理に対する意見書(案)」、和議第74号「南海トラフ地震発生に伴う被害対策を推進するための財源確保等を求める意見書(案)」、和議第75号「地方財政の充実・強化を求める意見書(案)」、和議第76号「精神障害者の旅客運賃等の割引を求める意見書(案)」、和議第77号「地域材の利用拡大推進を求める意見書(案)」、和議第78号「日本年金機構の情報セキュリティー対策の見直しを求める意見書(案)」、和議第79号「旧優生保護法による不妊手術の被害者救済を求める意見書(案)」、和議第80号「ヘルプマークのさらなる普及推進を求める意見書(案)」、和議第81号「北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決を求める意見書(案)」、和議第82号「朝鮮半島の非核化と平和体制構築のための役割を果たすことを求める意見書(案)」を一括して議題といたします。
 案文は、お手元に配付しております。
 お諮りいたします。本案については、いずれも提出者の説明等を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 これより採決に入ります。
 まず、和議第82号を採決いたします。
 本案を原案のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(藤山将材君) 起立少数であります。よって、本案は否決されました。
 次に、和議第77号を採決いたします。
 本案を原案のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(藤山将材君) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 次に、和議第73号から和議第76号まで及び和議第78号から和議第81号までを一括して採決いたします。
 お諮りいたします。本案をいずれも原案のとおり決することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。
 お諮りいたします。議員派遣の件を本日の日程に追加し、これより直ちに議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 議員派遣の件を議題といたします。
 お諮りいたします。本件については、会議規則第121条の規定により、お手元に配付しております文書のとおり議員を派遣いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 次に日程第4、常任委員会及び議会運営委員会閉会中継続審査の件を議題といたします。
 お諮りいたします。お手元に配付しております「継続審査を要する所管事務調査件名表」及び「継続審査を要する担任事務調査件名表」のとおり、それぞれ閉会中の継続審査として付議することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 次に日程第5、特別委員会閉会中継続審査の件を議題といたします。
 お諮りいたします。防災・国土強靱化対策特別委員会、人権・少子高齢化問題等対策特別委員会、行政改革・基本計画等に関する特別委員会、半島振興・地方創生対策特別委員会及び予算特別委員会に付議されたそれぞれの問題について、さらに閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(藤山将材君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 以上で、今期定例会に付議された諸案件の審議は全て終了いたしました。
 議員各位には、連日御精励をいただき、深く感謝申し上げます。
 気候不順の折、健康には十分御留意の上、御活躍されますよう祈念いたします。
 これをもって、平成30年6月定例会を閉会いたします。
  午後2時3分閉会


トップページへ   このページの最初へ


Copyright (c) 2018 Wakayama Prefectural Assembly. All Rights Reserved.