文字サイズ調整
和歌山県議会タイトル画像

トップページ   会議録の検索と一覧   平成29年6月 和歌山県議会定例会会議録の目次


平成29年6月 和歌山県議会定例会会議録

第8号(全文)


汎用性を考慮してJIS第1・2水準文字の範囲で表示しているため、会議録正本とは一部表記の異なるものがあります。

正しい表記は「人名等の正しい表記」をご覧ください。

平成29年6月
和歌山県議会定例会会議録
第8号
────────────────────
議事日程 第8号
 平成29年6月30日(金曜日)
 午前10時開議
 第1 議案第128号から議案第141号まで並びに報第1号から報第5号まで(委員長報告・同質疑・討論・表決)
 第2 議案第144号から議案第151号まで(委員会付託等省略・表決)
 第3 意見書・決議案
 第4 常任委員会及び議会運営委員会閉会中継続審査の件
 第5 特別委員会閉会中継続審査の件
────────────────────
会議に付した事件
 第1 議案第128号から議案第141号まで並びに報第1号から報第5号まで(委員長報告・同質疑・討論・表決)
 第2 議案第144号から議案第151号まで(委員会付託等省略・表決)
 第3 意見書案
 第4 議員派遣の件
 第5 常任委員会及び議会運営委員会閉会中継続審査の件
 第6 特別委員会閉会中継続審査の件
────────────────────
出席議員(41人)
 1番 中西峰雄
 2番 秋月史成
 3番 立谷誠一
 4番 泉 正徳
 5番 前芝雅嗣
 6番 花田健吉
 7番 井出益弘
 8番 宇治田栄蔵
 9番 川畑哲哉
 10番 玉木久登
 11番 濱口太史
 12番 鈴木太雄
 13番 尾ア太郎
 14番 藤山将材
 15番 尾崎要二
 16番 中村裕一
 17番 岩田弘彦
 18番 中本浩精
 19番 服部 一
 20番 山本茂博
 21番 冨安民浩
 22番 吉井和視
 23番 堀 龍雄
 24番 中 拓哉
 25番 岸本 健
 26番 森 礼子
 27番 谷 洋一
 28番 新島 雄
 29番 岩井弘次
 30番 多田純一
 31番 片桐章浩
 32番 藤本眞利子
 33番 浦口高典
 34番 山下直也
 35番 山田正彦
 36番 菅原博之
 37番 谷口和樹
 38番 奥村規子
 39番 雑賀光夫
 41番 坂本 登
 42番 長坂隆司
欠席議員(なし)
〔備考〕
 40番 欠員
────────────────────
説明のため出席した者
 知事         仁坂吉伸
 副知事        下 宏
 知事室長       宮ア 泉
 危機管理監      藤川 崇
 総務部長       浦上哲朗
 企画部長       P一郎
 環境生活部長     山田成紀
 福祉保健部長     山本等士
 商工観光労働部長   山西毅治
 農林水産部長     原 康雄
 県土整備部長     森戸義貴
 会計管理者      野田孝雄
 教育長        宮下和己
 公安委員会委員長   大桑いく嗣
 警察本部長      宮沢忠孝
 人事委員会委員長   守屋駿二
 代表監査委員     江川和明
 選挙管理委員会委員長 小濱孝夫
────────────────────
職務のため出席した事務局職員
 事務局長       田村公一
 次長         西原龍也
 議事課長       松山 博
 議事課副課長     武田 稔
 議事課議事班長    岩谷隆哉
 議事課主任      保田良春
 議事課主任      岸裏真延
 議事課主事      大森圭悟
 総務課長       糸川 徹
 総務課課長補佐兼総務班長
            窪田 東
 総務課主事      回り道杏奈
 政策調査課長     中平 博
 政策調査課総括調査員 渕川 博
 政策調査課政策班長  長田和直
────────────────────

  午前10時0分開議
○議長(尾ア太郎君) これより本日の会議を開きます。
 この際、暫時休憩いたします。
  午前10時0分休憩
────────────────────
  午後1時30分再開
○議長(尾ア太郎君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 日程第1、議案第128号から議案第141号まで、並びに知事専決処分報告報第1号から報第5号までを一括して議題とし、順次、常任委員会委員長の報告を求めます。
 経済警察委員会委員長中本浩精君。
  〔中本浩精君、登壇〕(拍手)
○経済警察委員会委員長(中本浩精君) 経済警察委員会における審査の経過並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案2件であります。
 委員会は、6月27日、第3委員会室において開催し、商工観光労働部・労働委員会、公安委員会の順に当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第128号、議案第135号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、商工観光労働部・労働委員会関係では、山本化学工業の中国製原料混入問題の影響について、日本遺産「絶景の宝庫 和歌の浦」の観光振興について、好調な友ヶ島観光の維持・活用について、外国人観光客誘致への取り組みについて、テレビ番組「サザエさん」のオープニングを活用した観光PRについて、県内資本のスーパーによるフードバンクへの協力依頼について、ジェトロ和歌山貿易情報センター開所後の取り組みについて、補正予算の中小企業振興費「成長企業支援」の内容について、プロフェッショナル人材戦略拠点の内容について、海南市の国宝や重要文化財を活用した「城下町和歌山」への取り組みについて、和歌山市の宿泊客受け入れ能力の向上について、公安委員会関係では、特殊詐欺被害の現況と対策について、県下の暴力団の情勢について、警察官の対銃器用装備の充実・整備についてであります。
 以上をもちまして、経済警察委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(尾ア太郎君) 農林水産委員会委員長服部 一君。
  〔服部 一君、登壇〕(拍手)
○農林水産委員会委員長(服部 一君) 農林水産委員会における審査の経過並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会は、残念ながら付託議案はありませんでしたが、熱心に質疑応答を行いました。
 委員会は、6月27日、第4委員会室において開催し、当局から所管事務に係る事項について説明を聴取した後、各委員から質問がなされました。
 なお、当委員会から意見書案を提出する予定になっておりますので、どうぞよろしくお願いします。
 次に、委員会における主な質問項目を申し上げますと、和歌山市の太陽光発電計画に係る林地開発許可について、卸売市場法が廃止された場合の影響について、河川工事に係る内水面漁協への指導について、カシノナガキクイムシの防除について、気候変動に適応した果樹の品種改良について、県内の漁法の考え方について、獣医学部の新設について、漁業者の生活維持のための所得水準について、宝石サンゴ漁業の現状と課題について、ニホンジカの捕獲目標の達成について、林業の担い手対策について、自然環境に配慮した河川工事の推進について、公共建築物への紀州材の使用について、水産資源の回復のための対策について、野生鳥獣の疥癬病の人間への影響について、疥癬病にかかった野生鳥獣の食肉利用について、キウイフルーツかいよう病被害による伐採や改植への補助制度についてであります。
 以上をもちまして、農林水産委員会の報告を終わります。(拍手)
○議長(尾ア太郎君) 建設委員会委員長岩田弘彦君。
  〔岩田弘彦君、登壇〕(拍手)
○建設委員会委員長(岩田弘彦君) 建設委員会における審査の経過並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案7件であります。
 委員会は、6月27日、第5委員会室において開催し、当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第128号、議案第134号、議案第136号、議案第137号、議案第139号、議案第140号及び議案第141号については全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目を申し上げますと、和歌川河川公園内排水管の老朽化の調査について、和歌川河川公園テニスコートの改修について、クルーズ船の受け入れ環境について、6月21日降雨の被災状況について、西牟婁地方の建設残土処分について、岩田保呂線の進捗状況について、日置川大塔線の今後の取り組みと落石対策について、津波防波堤の整備計画と地元調整について、南紀白浜空港50周年記念イベントについて、振興局建設部に管理保全課を設置した目的について、和歌山県庁周辺の市街地再開発について、北島湊線の進捗状況と紀の川右岸の路線名称について、紀淡海峡プロジェクトについて、サイクリングロードを含む道路の安全性・快適性の向上に向けた取り組みについてであります。
 以上をもちまして、建設委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(尾ア太郎君) 文教委員会委員長濱口太史君。
  〔濱口太史君、登壇〕(拍手)
○文教委員会委員長(濱口太史君) 文教委員会における審査の経過並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案1件であります。
 委員会は、6月27日、第6委員会室において開催し、当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第128号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、新しい教育委員会制度について、キャリア教育について、大学設置への積極的な取り組みについて、教員の多忙化について、校舎屋上の水道タンクの耐震化について、ビッグ愛、ビッグホエール、ビッグウエーブの指定管理者選定に関する債務負担額の財源内訳について、教員の在外教育施設への派遣状況等について、不登校児の居場所について、運動部活動の改善取り組みについて、教員の年次有給休暇の取得状況について、教員の長期休業中の勤務実態について、教員定数の改善について、子供の貧困対策について、貧困と学力の関係について、教育委員会事務局の多忙化について、定数内講師について、小学校全学年での35人学級の実現についてであります。
 以上をもちまして、文教委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(尾ア太郎君) 総務委員会委員長鈴木太雄君。
  〔鈴木太雄君、登壇〕(拍手)
○総務委員会委員長(鈴木太雄君) 総務委員会における審査の経過並びに結果について、御報告を申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案6件、知事専決処分の報告5件であります。
 委員会は、6月27日、第1委員会室において開催し、会計局、人事委員会、監査委員、選挙管理委員会、知事室、企画部、総務部の順に当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第128号から議案第133号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。次に、知事専決処分報告報第1号から報第5号は、全会一致をもって原案のとおり承認すべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、選挙管理委員会関係では、県議会議員有田市選挙区補欠選挙の予算について、政治資金収支報告書の公表方法について、会計局関係では、総務事務に係る業務委託について、監査委員関係では、地方自治法改正に伴う監査のあり方について、知事室関係では、シンポジウムへの出席について、行政報告会について、職員録の配付について、総務部関係では、議案第129号の要配慮個人情報及び個人情報ファイルについて、議案第130号の選定委員会の対象案件について、行政財産の使用許可基準について、議案第131号の規定の表記方法について、職員録の販売等について、防災用物資の備蓄についてであります。
 以上をもちまして、総務委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(尾ア太郎君) 福祉環境委員会委員長奥村規子さん。
  〔奥村規子君、登壇〕(拍手)
○福祉環境委員会委員長(奥村規子君) 福祉環境委員会における審査の経過並びに結果について、御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました案件は、議案付託表に記載のとおり、議案2件であります。
 委員会は、6月27日、第2委員会室において開催し、福祉保健部、環境生活部の順に当局から付託案件について説明を聴取した後、慎重に審査いたしました結果、議案第128号及び議案第138号は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、委員会審査における主な質問項目等を申し上げますと、福祉保健部関係では、県立医科大学薬学部開設準備の進捗状況について、セカンドオピニオンの普及に係る取り組みについて、県が行っている婚活事業の状況について、「みんなで実践!健康づくり運動ポイント事業」の進捗状況について、人口減少問題について、和歌山県子供の貧困対策推進計画における具体的な取り組みの内容について、教育の地域間格差による世代間の連鎖について、県立医科大学への県内からの進学状況について、和歌山市内の原薬メーカーに対する行政処分等の対応について、地域医療構想による病床転換の状況について、児童福祉法に基づく指定障害児通所支援事業者の指定取り消し処分について、環境生活部関係では、健康づくり県民運動に対する環境生活部のかかわりについて、女性の活躍促進に対する県の状況について、「県民の命を守る水の確保事業」の進捗状況について、青少年の家の指定管理に係る委託料について、新紀州御留林について、吹きつけアスベストの使用建築物の所在調査の結果について、きのくに防犯カメラ設置補助事業の現在の状況について、HACCPに基づく衛生管理と事業者の食品衛生協会への加入の状況について、県下の水道普及の状況についてであります。
 以上をもちまして、福祉環境委員会の報告を終わります。何とぞ、適切な御決定をお願い申し上げます。(拍手)
○議長(尾ア太郎君) 以上で、常任委員会委員長の報告が終わりました。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。
 質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 質疑なしと認めます。
 次に、討論に入ります。
 雑賀光夫君から反対討論の通告がありますので、許可いたします。
 39番雑賀光夫君。
  〔雑賀光夫君、登壇〕
○雑賀光夫君 日本共産党県議団を代表しまして、議案第129号、133号及び136号に対する反対討論を行います。
 議案第129号は、個人情報保護条例及び情報公開条例の改正です。
 昨年5月に、行政機関の保有する個人情報保護法が改定されました。個人を特定できないよう加工した保有個人情報ファイルを作成し、民間事業者にも提供できるようになります。個人情報の保護が不十分なままに、民間事業者が行政機関に預けた個人情報を取り扱うことは国民利益を阻害しかねません。また、保有個人情報ファイルの作成も一部民間事業者への委託を可能としており、不適切な個人情報の漏えいが懸念されます。
 以上の法改定に基づき条例を改正するものですが、県民の個人情報を守る観点から賛成できません。
 次に、議案第133号は、県税条例の改正です。
 この中には、少額上場株式の譲渡所得の非課税措置の見直しが含まれています。少額投資非課税制度、いわゆるNISAは、投資による売買益や配当益などを非課税にする制度です。これまでも、口座限度額の引き上げや、子や孫の名義で運用するジュニアNISAの創設などが行われ、株式投資ができる資産保有層への優遇税制が拡大されてきました。今回も、積立NISAが創設されることによる所要の措置です。
 また、ふえ続けている待機児童を解消するため、マンションの一室などで行われる家庭的保育を広げていくことを目的とした家屋の取得価格の特別措置が含まれています。待機児童の解消は、公的保育を充実、拡充してこそ行われるべきです。
 いずれも法改正によるもので、県としては必要な措置を準備せざるを得ないことだと思いますが、以上のことからこれらの改正には賛成できません。
 最後に、議案第136号は、建設事業施行に伴う市町村負担金を求める議案です。市町村負担金のさらなる軽減を求める立場から反対です。
 以上で、議案に対する反対討論を終わります。(拍手)
○議長(尾ア太郎君) 以上で、討論を終結いたします。
 これより採決に入ります。
 まず、議案第129号、議案第133号及び議案第136号を一括して採決いたします。
 本案に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。
 本案をいずれも委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立多数であります。よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。
 次に、議案第128号、議案第130号から議案第132号まで、議案第134号、議案第135号及び議案第137号から議案第141号までを一括して採決いたします。
 本案に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。
 本案をいずれも委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立全員であります。よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。
 次に、知事専決処分報告報第1号から報第5号までを採決いたします。
 本件に対する委員長報告は、承認であります。
 本件を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立全員であります。よって、本件は承認することに決定いたしました。
 次に日程第2、議案第144号から議案第151号までを議題といたします。
 これより質疑に入ります。
 本案について質疑はありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。本案については、委員会付託等を省略し、これより直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 この際、申し上げます。
 公安委員会及び人事委員会の委員に係る議案については順次無記名投票をもって採決を行い、その後、収用委員会の委員及び同予備委員に係る議案については起立により採決を行うことといたします。
 これより採決に入ります。
 議案第144号和歌山県公安委員会の委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 議場を閉鎖いたします。
  〔議場閉鎖〕
○議長(尾ア太郎君) ただいまの出席議員数は、議長を除き40人であります。
 お諮りいたします。立会人に、2番秋月史成君、21番冨安民浩君、31番片桐章浩君、38番奥村規子さんの4君を指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、立会人に以上の4君を指名いたします。
 念のため申し上げます。投票は無記名であります。投票用紙に、本県公安委員会の委員に中野幸生君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は「賛成」と、反対の諸君は「反対」と記載願います。
 なお、この際、白票は無効といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、白票は無効とすることに決定いたしました。
 投票用紙を配付いたします。
  〔投票用紙配付〕
○議長(尾ア太郎君) 配付漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
  〔投票箱点検〕
○議長(尾ア太郎君) 異状なしと認めます。
 点呼に応じて順次投票願います。
 点呼いたします。
  〔氏名点呼・投票〕
○議長(尾ア太郎君) 投票漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  〔議場開鎖〕
○議長(尾ア太郎君) これより開票を行います。
 立会人の立ち会いをお願いいたします。
  〔開票〕
○議長(尾ア太郎君) 投票の結果を報告いたします。
 投票総数40票、うち有効投票40票、無効投票なし。有効投票中、賛成40票、反対なし。
 以上のとおり、賛成全員であります。よって、議案第144号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第145号和歌山県人事委員会の委員の選任につき同意を求めるについてを採決いたします。
 議場を閉鎖いたします。
  〔議場閉鎖〕
○議長(尾ア太郎君) ただいまの出席議員数は、議長を除き40人であります。
 お諮りいたします。立会人に、2番秋月史成君、21番冨安民浩君、31番片桐章浩君、38番奥村規子さんの4君を指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、立会人に以上の4君を指名いたします。
 念のため申し上げます。投票は無記名であります。投票用紙に、本県人事委員会の委員に平田健正君を選任するにつき同意することに賛成の諸君は「賛成」と、反対の諸君は「反対」と記載願います。
 なお、この際、白票は無効といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、白票は無効とすることに決定いたしました。
 投票用紙を配付いたします。
  〔投票用紙配付〕
○議長(尾ア太郎君) 配付漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
  〔投票箱点検〕
○議長(尾ア太郎君) 異状なしと認めます。
 点呼に応じて順次投票願います。
 点呼いたします。
  〔氏名点呼・投票〕
○議長(尾ア太郎君) 投票漏れはありませんか。
  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  〔議場開鎖〕
○議長(尾ア太郎君) これより開票を行います。
 立会人の立ち会いをお願いいたします。
  〔開票〕
○議長(尾ア太郎君) 投票の結果を報告いたします。
 投票総数40票、うち有効投票40票、無効投票なし。有効投票中、賛成40票、反対なし。
 以上のとおり、賛成全員であります。よって、議案第145号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第146号和歌山県収用委員会の委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 本県収用委員会の委員に森本好典君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立全員であります。よって、議案第146号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第147号和歌山県収用委員会の委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 本県収用委員会の委員に月山純典君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立全員であります。よって、議案第147号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第148号和歌山県収用委員会の委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 本県収用委員会の委員に西櫻順子君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立全員であります。よって、議案第148号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第149号和歌山県収用委員会の委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 本県収用委員会の委員に山崎和成君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立全員であります。よって、議案第149号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第150号和歌山県収用委員会の委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 本県収用委員会の委員に向井嘉久藏君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立全員であります。よって、議案第150号は同意することに決定いたしました。
 次に、議案第151号和歌山県収用委員会の予備委員の任命につき同意を求めるについてを採決いたします。
 本県収用委員会の予備委員に石倉誠也君を任命するにつき同意することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立全員であります。よって、議案第151号は同意することに決定いたしました。
 次に、日程第3に入ります。
  〔「議長、24番」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 24番。
○中 拓哉君 今の採決の前に、配付文書に誤りがあるんであれば誤りである旨、議長から改めるなりなんなりの手配をお願いしたいと思います。146号、146号が2つありましたんで、どうかなと思ったんです。
○議長(尾ア太郎君) ただいまの中議員の御発言でございますけれども、参考資料として採決順序としてお配りしている資料の中に誤りが見受けられますが、議案として提出されたものの中には誤りはございませんので、このまま議事を進行いたしたいと思います。
 なお、議事順序について、この資料に誤りがあったことについては、議長より後ほど厳重に注意をしたいと思いますが、それでいかがでしょうか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) それでは、日程第3に入ります。
 和議第58号「森林環境税(仮称)の早期創設を求める意見書(案)」、和議第59号「地方財政の充実・強化を求める意見書(案)」、和議第60号「地方創生を重視した特定複合観光施設区域の選定を求める意見書(案)」、和議第61号「国民の政治不信をとりのぞく国会運営を求める意見書(案)」を一括して議題といたします。
 案文は、お手元に配付しております。
 お諮りいたします。本案については、いずれも提出者の説明等を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 次に、討論に入ります。
 奥村規子さんから反対討論の通告がありますので、許可いたします。
 38番奥村規子さん。
  〔奥村規子君、登壇〕(拍手)
○奥村規子君 意見書案に対する反対討論を行います。
 和議第58号は、森林環境税の早期創設を求める意見書案です。
 2015年10月に発表された税制大綱の中では、森林吸収源対策として必要な財源を都市、地方通じ国民にひとしく負担を求め、市町村による森林整備等の財源に充てるとしています。和歌山県でも紀の国森づくり税が導入されているように、2016年4月時点では37の府県と横浜市で自治体による森林環境税が導入され、均等割の超過課税が行われています。さらに、国による森林環境税を導入すれば、県民にとって二重課税になります。また、所得の水準にかかわらず一律の負担を求めることにも賛成できません。
 森林、林業における地球温暖化対策は、既に導入されている地球温暖化対策税を拡充して、大企業の製造責任、排出責任を問うルールを確立し、使途に森林吸収源対策を位置づけて必要な財源を充てるべきです。
 次に、和議第60号は、地方創生を重視した特定複合観光施設区域の選定を求める意見書案です。
 昨年、刑法で禁じられた賭博を合法化するカジノ解禁推進法が成立しました。これまで賭博が禁じられてきたのは、法務省の説明によると、賭博は人々を依存症に陥れ、仕事を怠けさせ、賭けるお金欲しさに窃盗、横領などの犯罪まで誘発して公序良俗を害することや、賭博が横行すればまともな経済活動が阻害されるためとされています。
 賭博は、新たな価値を生むものではなく、人のお金を巻き上げるだけであり、経済対策として上げるものではそもそもありません。雇用がふえると言いますが、ふえた雇用の何倍もの人生が台なしになることを忘れてはいけません。
 和歌山県は、IR誘致は外国人観光客などを対象とした観光振興につながると言います。しかし、カジノ推進のシンクタンクである大阪商業大学の谷岡一郎学長の発言から、ターゲットは外国人観光客ではなく、日本人の貯金、金融資産だということが明らかになっています。また、ラスベガスやマカオなどの海外資本が、日本の個人金融資産は魅力的な対象であると公言しています。このもとで、和歌山県や和歌山市で入場規制として提案されている外国人専用は守られるのでしょうか。
 また、ギャンブル依存症の対策ができれば、日本人も入場できるようにすると言われます。カジノを解禁している世界のどの国を見ても、依存症になった後の事後処置だけ、カウンセリングや病院での治療だけで、カジノを解禁しておいて依存症をふやさない対策などどこにもありません。依存症をふやさない唯一の方法は、カジノ、賭博そのものを解禁しないことです。
 以上のことから、カジノを何としても県内へ誘致するためにIR実施法案の施設要件の緩和などを求める意見書案には、断固反対を表明します。
 以上で、意見書案に対する反対討論を終わります。(拍手)
○議長(尾ア太郎君) 以上で、討論を終結いたします。
 これより採決に入ります。
 まず、和議第58号及び和議第60号を採決いたします。
 本案をいずれも原案のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立多数であります。よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。
 次に、和議第61号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案を原案のとおり決することに賛成の諸君は、御起立願います。
  〔賛成者起立〕
○議長(尾ア太郎君) 起立少数であります。よって、本案は否決されました。
 次に、和議第59号を採決いたします。
 お諮りいたします。本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
 お諮りいたします。議員派遣の件を本日の日程に追加し、これより直ちに議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 議員派遣の件を議題といたします。
 お諮りいたします。本件については、会議規則第121条の規定により、お手元に配付しております文書のとおり議員を派遣いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 次に日程第4、常任委員会及び議会運営委員会閉会中継続審査の件を議題といたします。
 お諮りいたします。お手元に配付しております「継続審査を要する所管事務調査件名表」及び「継続審査を要する担任事務調査件名表」のとおり、それぞれ閉会中の継続審査として付議することに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 次に日程第5、特別委員会閉会中継続審査の件を議題といたします。
 お諮りいたします。防災・国土強靱化対策特別委員会、人権・少子高齢化問題等対策特別委員会、行政改革・基本計画等に関する特別委員会、半島振興・地方創生対策特別委員会及び予算特別委員会に付議されたそれぞれの問題について、さらに閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(尾ア太郎君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。
 以上で、今期定例会に付議された諸案件の審議は全て終了いたしました。
 議員各位には、連日御精励をいただき、深く感謝申し上げます。
 気候不順の折、健康には十分御留意の上、御活躍されますよう祈念いたします。
 これをもちまして、平成29年6月定例会を閉会いたします。
  午後2時24分閉会


トップページへ   このページの最初へ





Copyright (C) Wakayama Prefectural Assembly. All Rights Reserved.