営業許可業種の見直し及び営業届出制度の創設について

食品衛生法が改正され、令和3年6月1日より新しい営業許可制度と届出制度がスタートします。

新しい営業許可制度・届出制度についての説明会を開催予定です(詳細はこちら)。

営業許可・営業届出の主な変更点について

1. 現在、食品営業許可を持っている方

許可ありの場合

大きな画像で見る

2. 現在、食品衛生事務処理要綱に基づく届出をされている方

届出ありの場合

大きな画像で見る

営業許可業種の見直しについて

1. 業種の再編について

 漬物製造業水産製品製造業液卵製造業などが新しい許可業種として設定されました。

 現行の許可業種のうち、食中毒などのリスクが低いと考えられる許可業種は届出業種へと再編されました。

  例)乳類販売業、氷雪販売業、既包装の食肉販売業や魚介類販売業など

再編された業種一覧

大きな画像で見る

2. 1つの許可業種で取り扱うことのできる食品の範囲が拡大

例)調理パンを製造する場合

 (現行) 飲食店営業+菓子製造業 → (改正後) 菓子製造業

3. 施行について

令和3年6月1日から新しい許可制度が始まります。6月1日以降に新規に許可を取得する場合は、新しく設定された許可業種による許可を取得する必要があります。現在許可を受けられている方は、現在取得している許可の有効期限が満了するまでは手続きは不要です。

また、6月1日以降に新たに許可を取得する場合は、新たな施設基準等に適合する必要があります。詳細はこちらをご参照ください。

営業届出制度の創設について

食品衛生法の改正により、営業許可を要しない食品の製造や販売などの営業をされる方も、新たに保健所に届出をする必要があります。

※次に該当する営業は届出は不要です

  1. 食品または添加物の輸入をする営業
  2. 食品または添加物の貯蔵のみをし、または運搬のみをする営業(食品の冷凍又は冷蔵業を除く)
  3. 容器包装に入れられ、または包まれた食品または添加物のうち、冷凍または冷蔵によらない方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化により食品衛生上の危害の発生のおそれがないものの販売をする営業
  4. 器具または容器包装(合成樹脂以外の原材料が飼養された器具または容器包装に限る)の製造をする営業
  5. 器具または容器包装の輸入をし、または販売する営業

このほか、学校・病院等の営業以外の給食施設のうち、1回の提供食数が20食程度未満の施設や、農業者・漁業者が行う採取の一部と見なせる行為(採取業における出荷前の調製等)についても、営業届出は不要です。

【採取業について(抜粋)】

採取業の範囲1採取業の範囲2

詳細は… [令和2年5月18日薬生食監発0518第1号] 農業及び水産業における食品の採取業の範囲について(PDF)

【営業届出に関する事項について(抜粋)】

営業届出に関する事項1営業届出に関する事項2営業届出に関する事項3

詳細は… [令和元年12月27日生食発1227第2号] 食品衛生法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政省令の制定について(PDF)

施行について

すでに保健所に食品衛生事務処理要綱第12条に基づく営業の届出をされている方も含め、令和3年6月1日の施行から6か月以内(令和3年11月30日まで)に届出をしてください。

HACCPに沿った衛生管理と食品衛生責任者の設置について

届出の不要な営業をする事業者を除いて、すべての食品等事業者HACCPに沿った衛生管理が義務づけられ、令和3年6月1日から実施しなければなりません。また、原則としてすべての施設に食品衛生責任者を設置する必要があります。

新しい営業許可制度・届出制度についての説明会

現在、保健所に漬物や水煮などの食品製造の届出をしている食品等事業者の皆様に、改正された食品衛生法の説明会を実施します。

  • 日時・会場:下記の日程表
  • 内容:(1) 新しい許可制度・届出制度の概要説明 (2) 質疑応答
  • 申込方法:申込用紙をFAXするか、電話でお願いします。
     申込用紙はこちら(PDF)からダウンロードできます
  • 申込先:田辺保健所衛生環境課
     TEL 0739-26-7934 FAX 0739-26-7935
  • 注意事項:当日検温の結果、37.5度以上の発熱が見られた方につきましては、説明会への参加を見合わせていただくようお願いします。
  • その他:先着順での受付となります。定員になり次第、受付を終了します。
    (※状況により、定員数を変更する可能性があります)

説明会日程

関連ファイル

このページの先頭へ