レタス

すさみ町は知る人ぞ知る、日本のレタス栽培発祥の地
温暖な気候を活かして厳冬期に収穫される、シャキシャキした食感の大玉レタスは、サラダだけでなく、鍋にも利用したい

レタス(PDF形式 114キロバイト)

レタス

レタスの写真
  • 特徴
    温暖な気候を活かして厳冬期に収穫されるレタスは、シャキシャキした食感の大玉レタス。
    さらに暖かくするため、ビニールで覆って栽培するなど、手塩に掛け育てている。
  • 食べ方
    サラダが中心。
    鍋などの具材に利用しても、独特のシャキシャキ感と甘さを楽しむことができる。
  • 来歴
    昭和16年頃にすさみ町江住で栽培が始まり、戦争により一時中断していたが、進駐軍の需要等により、昭和27年にすさみ町口和深地区にて栽培が再開した。
    以来、すさみ町を中心とした一帯は一大産地となった。現在は高齢化等により栽培面積が減少。

  • 12月から2月
  • 産地
    すさみ町、白浜町、上富田町
  • 生産量
    約141トン(平成24年度)

お問い合わせ先

JA紀南(代表 0739-23-3450)

  • 出荷期間
    12月から2月
  • 販売単位
    箱売り(1箱12玉から30玉)、ばら売りも可能(玉の大きさにより個数を固定)
     

西牟婁食材コレクションバナー

食材コレクション一覧へ

このページの先頭へ