和歌山県の高規格幹線道路

和歌山県の高規格幹線道路

近畿自動車道紀勢線

近畿自動車道紀勢線は、大阪府松原市を起点として、和歌山県和歌山市や田辺市を経由し三重県多気郡多気町に至る延長約336キロメートルの高速自動車国道です。
本県の豊かな歴史・自然資源を活かし、観光や農林水産業の振興など地域経済を活性化するためには、紀伊半島を一周する高速道路の整備が不可欠で、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備え、国道42号の代替路、緊急輸送道路としても整備が不可欠です。
こうした中、平成27年7月には田辺から白浜間が、平成27年8月には白浜からすさみ間が相次いで開通するなど、整備が着実に進んでいます。
また、 2車線区間としては全国トップクラスの交通量を誇り、慢性的な交通渋滞が課題となっていた海南から田辺間においては、平成23年5月に海南から有田間の4車線化が完了し、当該区間の渋滞は大きく改善されました。しかし、続く有田から田辺間に渋滞が南下し、さらには、対面通行による重大事故の発生などが大きな問題となっています。
このため、有田以南の渋滞対策等として、平成25年6月から4車線化事業が進められている有田から御坊間に続いて、平成28年6月から御坊から印南間においても4車線化事業が実施されました。県としては、有田から御坊間と同時に御坊から印南間が供用されるよう、さらには、続く印南から田辺間についても早期に4車線化事業が実施されるよう関係機関に働きかけていきます。

南紀田辺インターチェンジ付近の写真
南紀田辺インターチェンジ付近
日置川橋付近の写真
日置川橋付近

道路概概要一覧

道路について
区間 都市計画
決定
予定路線 基本計画 整備計画 供用開始 摘要
府県境から海南
24.4キロメートル
昭和41年
7月1日
昭和42年
11月22日
昭和43年
3月6日

昭和49年10月25日
Lは24.4キロメートル

海南から有田
9.8キロメートル
平成8年
11月29日
昭和62年
9月1日
平成3年
12月20日
平成8年
12月27日
海南湯浅道路として
昭和59年3月28日
Lは9.8キロメートル
平成23年5月21日
4車線供用
昭和47年10月4日 施行命令
平成10年12月25日 4車線化 施行命令
平成17年4月1日 高速自動車国道に編入
(阪和自動車道に名称変更)
有田から御坊
19.4キロメートル
平成22年
11月24日(4車線化)
湯浅御坊道路として
  • 平成6年7月11日
    吉備から広川間
  • 平成8年3月30日
    広川から御坊間
Lは19.4キロメートル
平成2年4月6日 施行命令
平成25年6月11日 4車線事業化
御坊からみなべ
21.4キロメートル
平成元年
2月27日
平成3年
12月3日
(暫定2車線)
平成21年
5月29日
(4車線化)
暫定2車線供用
平成15年12月14日
Lは21.4キロメートル
平成5年11月19日 施行命令(暫定2車線)
平成21年8月28日 4車線事業化
平成22年4月9日 事業着手見合わせ
平成28年6月8日 御坊から印南間 4車線化事業実施
印南からみなべ間 付加車線設置中
みなべから南紀田辺
5.8キロメートル
平成8年
11月29日

平成9年
3月8日(暫定2車線)
平成21年
5月29日(4車線化)

暫定2車線供用
平成19年11月11日
Lは5.8キロメートル
平成9年12月25日 施行命令(暫定2車線)
平成21年8月28日 4車線事業化
平成22年4月9日 事業着手見合わせ
付加車線設置中
南紀田辺から白浜
14.0キロメートル
平成3年
12月20日
平成9年
3月8日
暫定2車線供用
平成27年7月12日
Lは14.0キロメートル
平成10年12月25日 施行命令
平成18年2月7日 新直轄区間に選定
白浜からすさみ
24.0キロメートル
平成11年
12月3日
平成11年
12月24日
暫定2車線供用
平成27年8月30日
Lは24.0キロメートル
平成15年12月25日 新直轄区間に選定
すさみから串本
19.2キロメートル
平成9年
2月5日
平成26年4月1日 すさみ串本道路 事業化
串本から太地
19.0キロメートル
太地から新宮
15.2キロメートル
平成2年
12月7日
那智勝浦新宮道路として
暫定2車線供用
  • 平成20年3月30日
    新宮市三輪崎から那智勝浦インターチェンジ間
    Lは8.9キロメートル
  • 平成27年9月13日
    那智勝浦インターチェンジから那智勝浦町市屋
    Lは6.3キロメートル
那智勝浦道路
平成4年度 新宮市三輪崎から那智勝浦町川関8.9キロメートル 事業化
平成18年度 那智勝浦町川関から同町市屋6.3キロメートル 事業化
新宮から新宮北
5.0キロメートル
新宮北から県境
0.8キロメートル
平成25年5月16日 新宮紀宝道路 事業化
Lは2.4キロメートル(県内0.8キロメートル)
合計 178.0キロメートル 134.0キロメートル

(補足)供用区間は供用延長、それ以外の区間は計画延長

(補足)基本計画は基本計画告示日、整備計画は整備計画告示日

(仮称)和歌山南スマートインターチェンジ

(仮称)和歌山南スマートインターチェンジは、和歌山インターチェンジ、和歌山北インターチェンジに次ぐ和歌山市内3つ目のインターチェンジとなります。 平成25年6月に事業化され、和歌山市内の渋滞解消や、観光拠点・工業団地へのアクセス向上に加え、津波被害時の新たな救助・救援ルートの確保、 第三次救急医療機関である県立医科大学付属病院へのアクセス時間短縮などを目指し事業が推進されています。
((補足)スマートインターチェンジとは、通行可能な車両をETC搭載車両に限定したインターチェンジです。利用車両が限定されるため、従来のインターチェンジと比べて低コストで導入できるメリットがあります。)

有田から印南間の4車線化

2車線の高速道路としては全国トップクラスの交通量を誇る有田から田辺間においては、交通量が年々増加しており、 特に有田から御坊間(湯浅御坊道路)では、平成26年に一日に約20,100台に達しています。 これは供用が開始された平成8年の1.6倍に相当します。 こうしたことから、渋滞が激しくなっていた有田から御坊間(湯浅御坊道路)では、 4車線化事業が平成25年6月から実施されています。 また、平成28年6月8日には、続く、御坊から印南間でも4車線化事業を実施することが西日本高速道路株式会社から発表されました。
こうした当初の推定を上回る交通量増加による渋滞の解消や、対面通行による重大事故の防止、 観光振興等による紀南地域の活性化などを目指し事業が推進されています。

有田から御坊間(湯浅御坊道路)の道路概要

  • 区間
    有田郡有田川町天満から御坊市野口
  • 延長
    19.4キロメートル
  • 道路規格
    第1種第3級
  • 設計速度
    80キロメートル/h
  • 幅員
    20.5メートル(4車線整備時・土工部)
  • 建設の経緯(4車線化)
    平成22年11月24日:都市計画決定
    平成25年6月11日:4車線事業化
  • 供用開始(2車線)
    平成6年7月11日:吉備インターチェンジ(現有田インターチェンジ)から広川インターチェンジ(Lは6.1キロメートル)
    平成6年12月21日:吉備南インターチェンジ(現有田南インターチェンジ)・吉備湯浅パーキング
    平成8年3月30日:広川インターチェンジから御坊インターチェンジ(Lは12.9キロメートル)
    平成16年10月16日:広川南インターチェンジ

御坊から印南間の道路概要

  • 区間
    御坊市野口から日高郡印南町山口
  • 延長
    10キロメートル
  • 道路規格
    第1種第3級
  • 設計速度
    80キロメートル/h
  • 幅員
    20.5メートル(4車線整備時・土工部)
  • 建設の経緯(4車線化)
    平成21年8月28日:4車線事業化
    平成22年4月9日:事業着手見合わせ
    平成28年6月8日:4車線事業実施
  • 供用開始(2車線)
    平成15年12月14日:御坊インターチェンジからみなべインターチェンジ(Lは21.1キロメートル)
渋滞する有田インターチェンジ付近の写真
渋滞する有田インターチェンジ付近(南向き)
渋滞する川辺インターチェンジ付近の写真
渋滞する川辺インターチェンジ付近(北向き)

すさみ串本道路

近畿自動車道紀勢線の延伸部となるすさみ串本道路が、平成26年4月に事業化されました。 南海トラフ地震などに備えた国道42号の代替路確保や、救急医療施設へのアクセス向上、 地域間の連携強化による活性化などを目指して事業が推進されています。

道路概要

  • 区間
    東牟婁郡串本町サンゴ台から西牟婁郡すさみ町江住
  • 延長
    19.2キロメートル
  • 道路規格
    第1種第3級
  • 設計速度
    80キロメートル/h
  • 幅員
    2車線(完成)
  • 建設の経緯
    平成26年4月:事業化
越波で通行止めになる国道42号の写真
越波で通行止めとなる国道42号
線形が厳しく走行性が悪い国道42号の写真
線形が厳しく走行性が悪い国道42号

那智勝浦道路

平成4年に事業化された那智勝浦道路では、新宮市や那智勝浦町の市街部における渋滞解消や、 南海トラフ地震などに備えた国道42号の代替路確保、救急医療施設へのアクセス向上などを目指し事業が推進されてきました。
平成20年3月の新宮市三輪崎から那智勝浦インターチェンジ間の開通に続き、平成27年9月には那智勝浦インターチェンジから那智勝浦町市屋間が開通し、那智勝浦新宮道路として全線供用が開始されました。

道路概要

  • 区間
    新宮市三輪崎から東牟婁郡那智勝浦町市屋
  • 延長
    15.2キロメートル
  • 道路規格
    第1種第3級
  • 設計速度
    80キロメートル/h
  • 車線数
    4車線(暫定2車線整備)
  • 幅員
    11.5メートル(暫定2車線整備時・土工部)
  • 建設の経緯
    平成2年12月:那智勝浦新宮道路(新宮市三輪崎から那智勝浦町下里間15.7キロメートル)(都市計画決定)
    平成4年度:新宮市三輪崎から那智勝浦町川関8.9キロメートル(事業着手)
    平成8年度:新宮市三輪崎から那智勝浦町川関8.9キロメートル(用地取得着手)
    平成10年度:新宮市三輪崎から那智勝浦町川関8.9キロメートル(工事着手)
    平成18年度:那智勝浦町川関から那智勝浦町市屋6.3キロメートル(事業着手)
    平成22年度:那智勝浦町川関から那智勝浦町市屋6.3キロメートル(用地取得着手、工事着手)
  • 供用開始
    平成20年3月30日:新宮市三輪崎から那智勝浦インターチェンジ(Lは8.9キロメートル)
    平成27年9月13日:那智勝浦インターチェンジから那智勝浦町市屋(Lは6.3キロメートル)
那智勝浦インターチェンジ付近の写真
那智勝浦インターチェンジ付近
二河橋付近の写真
二河橋付近

新宮紀宝道路

熊野川河口大橋を含む新宮紀宝道路が、平成25年5月に事業化されました。 三重県との県境部における渋滞解消や南海トラフ地震、熊野川氾濫などに備えた国道42号の代替路確保、 救急医療施設へのアクセス向上などを目指し事業が推進されています。

道路概要

  • 区間
    新宮市あけぼのから三重県南牟婁郡紀宝町神内(こうのうち)
  • 延長
    2.4キロメートル(和歌山県内0.8キロメートル)
  • 道路規格
    第1種第3級
  • 設計速度
    80キロメートル/h
  • 車線数
    2車線(完成)
  • 幅員
    12メートル
  • 建設の経緯
    平成25年5月:事業化
渋滞する国道42号の写真
渋滞する国道42号
平成23台風12号で通行止めとなった国道42号の写真
平成23台風12号で通行止めとなった国道42号

京奈和自動車道

京奈和自動車道は、京都・奈良・和歌山を結ぶ延長120キロメートルの高規格幹線道路であり、 関西大環状道路の一翼を担う道路です。 また、府県間道路などの放射状道路との一体的な整備により、関西都市圏を拡大させ、 関西経済圏の活性化を図るとともに、国道24号のバイパス道路として渋滞解消や交通事故の減少などに寄与するものです。
平成29年3月18日の紀北西道路(岩出根来インターチェンジから和歌山ジャンクション)の開通により、 県内全線の供用が開始されました。

紀の川インターチェンジ付近の写真
紀の川インターチェンジ付近
和歌山ジャンクション付近の写真
和歌山ジャンクション付近

道路概要

  • 延長
    40.4キロメートル(県内延長)
  • 道路規格
    第1種第2級
  • 設計速度
    100キロメートル/h
  • 車線数
    4車線(暫定2車線整備)
  • 幅員
    22メートル(4車線完成時)

橋本道路

  • 区間
    橋本市隅田町真土から橋本市高野口町大野
  • 延長
    11.3キロメートル
  • 建設の経緯
    平成元年度:事業化
    平成元年4月:都市計画決定
    平成3年度:用地取得着手
    平成10年度:工事着手
  • 供用開始
    平成18年4月27日:橋本インターチェンジから高野口インターチェンジ(Lは5.6キロメートル)
    平成18年6月17日:奈良県境から橋本東インターチェンジ(Lは0.8キロメートル)
    平成19年8月2日:橋本東インターチェンジから橋本インターチェンジから(Lは4.9キロメートル)

紀北東道路

  • 区間
    橋本市高野口町大野から紀の川市神領
  • 延長
    16.9キロメートル
  • 建設の経緯
    平成5年度:事業化
    平成10年8月:都市計画決定
    平成14年度:用地取得着手
    平成18年度:工事着手
  • 供用開始
    平成24年4月22日:高野口インターチェンジからから紀北かつらぎインターチェンジから(Lは4.0キロメートル)
    平成26年3月30日:紀北かつらぎインターチェンジからから紀の川インターチェンジから(Lは12.9キロメートル)

紀北西道路

  • 区間
    紀の川市神領から和歌山市弘西
  • 延長
    12.2キロメートル
  • 建設の経緯
    平成9年度:事業化
    平成11年12月:都市計画決定
    平成14年度:用地取得着手
    平成21年度:工事着手
  • 供用開始
    平成27年9月12日:紀の川インターチェンジから岩出根来インターチェンジ(Lは5.7キロメートル)
    平成29年3月18日:岩出根来インターチェンジから和歌山ジャンクション(Lは6.5キロメートル)

このページの先頭へ