和歌山県産酒類試飲商談会in中国(武漢・成都・北京)参加事業者募集のご案内

 中国は2021年に日本産食品の輸出額が世界一位となり、特に酒類の輸出額は320億円と非常に多く、コロナ前の2019年比で3倍以上と大きく増加傾向にあります。

 和歌山県農水産物・加工食品輸出促進協議会(事務局:和歌山県食品流通課) では、和歌山県産酒類の更なる輸出拡大を目指して、中国国内で日本産酒類の販売を大きく伸ばす優西優西(よしよし)グループと協力し、中国内飲食店関係者向けに、現地側はリアル、日本側はオンラインによる試飲商談会を開催します。現地会場は、北京に加え、今年新しく本県が友好提携を締結した四川省の省都である成都、成長著しい内陸都市である武漢の3カ所で開催しますので、中国向けに酒類の販路拡大を目指す食品事業者の皆さまは是非ご活用ください。

1.開催概要

名  称

和歌山県産酒類試飲商談会in中国(武漢・成都・北京)

主  催

和歌山県農水産物・加工食品輸出促進協議会、優西優西グループ                                                 

内  容    

各開催都市内飲食店のオーナーや店長、料理長など決裁権のあるポジションの方々、

メディア・インフルエンサーを招待し、メーカーごとにブースを設けた試飲会・商談会を

開催。

現地側招待人数:1会場あたり50~100名程度を想定

開催日時

(日本時間)

武漢:令和4年12月  7日(水)14:00~18:00(予定) 

成都:令和4年12月  9日(金)14:00~18:00(予定) 

北京:令和4年12月20日(火)14:00~18:00(予定) 

日本会場

和歌山県民文化会館 

募集品目 和歌山県産酒類
募 集 数 6社(1社あたりの出品数は3商品まで)

2.参加条件

下記全てを満たしていることが試飲商談会参加の必須条件です。

・和歌山県内に事業所をおく事業者であること。

・中国への輸出が可能な商品であること。

・商談の結果取引に繋がった場合、提案した商品は優西優西グループと専売契約の締結が可能であること

(既存取引等の関係でオリジナル商品での提案が難しい場合、プライベートラベルでの提案も可能)

・試飲会用にサンプルを提供可能であること。

・発注があった場合は中国向け輸出食品の「製造等企業登録」に対応可能であること。

・試飲商談会全日程への参加、及び事前の準備に対応可能であること。

・事後のアンケート等に協力可能であること。

3.申込方法

「参加申込書 」及び「商品情報シート 」を下記担当者あてにEメールでご提出ください。

申込先 和歌山県農水産物・加工食品輸出促進協議会事務局(和歌山県食品流通課内)

(担当)梶本  mail:kajimoto_k0004@pref.wakayama.lg.jp

 

4.募集締切

令和4年10月12日(水)正午12:00必着

関連ファイル

このページの先頭へ