企業のふるさと

稲作イメージ

1 企業のふるさととは

「企業のふるさと」は、「食」や「農業」に対する関心が高い企業にCSRの一環として、県内の農村地域の資源を活用しながら、地域の方々とともに安全・安心な米づくりや地産地消の推進、地域の景観保全に参画して頂くプログラムです。

CSRとは

コンセプト

企業と農村の協働・交流活動

2 実施方法

企業、農村、県、市町村が連携

3 企業のふるさと実施状況

企業のふるさと実施状況の一覧

協定年月

企業名 地域団体名

平成21年5月

伊藤忠商事株式会社

かつらぎ町天野の里づくりの会

平成22年5月

関西電力労働組合和歌山地区本部

NPO法人熊野本宮

平成25年3月

株式会社ヰセキ関西

くにぎ広場・農産物直売交流施設組合

4 企業のふるさとへの参加について

企業の皆様へ

県内には、米づくりや果樹栽培等を体験しながら地産地消を進める活動や、地域の景観保全協働活動を実施して頂ける地域がありますので、ご相談いただければご案内しコーディネートさせていただきます。

地域の皆様へ

皆様が大切に守ってきた農地や集落を、企業の皆様と共に保全する協働活動を実施しませんか。県が協働活動をコーディネートさせていただきます。

パンフレット 企業のふるさとパンフレット(平成26年3月)(PDF形式 535キロバイト)

風景
風景

このページの先頭へ