和歌山県森林・林業総合戦略 新・紀州林業への挑戦

和歌山県では、2021(平成33)年の年間素材生産量を26万立方メートルに引き上げることを目標として、森林管理と木材の生産・流通・加工販売の各分野において重点的に取り組む内容を示した「和歌山県森林・林業総合戦略」を2017(平成29)年7月4日付けで策定しました。
今後は、この総合戦略に基づき、「新・紀州林業への挑戦」を進めていきます。

1 適正な森林管理

  • 循環型林業の促進
  • 森林所有者による手入れが困難な森林の保全
  • 貴重な森林の継承

2 素材生産体制の強化

  • 素材生産業者の販売力強化
  • 基盤整備の推進
  • 素材生産業者への森林情報の提供
  • 優秀な人材の育成・確保

3 素材流通体制の強化

  • 木材市場の機能強化
  • 選別技術者の育成

4 紀州材加工販売体制の強化

  • 加工事業者の生産・販売力強化
  • 公共建築物等への紀州材利用拡大

詳しい内容については、以下によりダウンロードできます。

このページの先頭へ