狩猟期間・狩猟鳥獣について

狩猟期間は、11月15日から翌年2月15日です。
狩猟鳥獣は、下表のとおりです。

鳥類
(28種類)
カワウ、ゴイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、エゾライチョウ、コジュケイ、ヤマドリ(コシジロヤマドリを除く。)、
キジ(亜種のコウライキジを含む。)、バン、ヤマシギ(アマミヤマシギを除く。)、タシギ、キジバト、ヒヨドリ、ニュウナイスズメ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス
獣類
(20種類)
タヌキ、キツネ、ノイヌ、ノネコ、テン(亜種のツシマテンを除く。)、イタチ(オス)、 シベリアイタチ(旧和名はチョウセンイタチ、長崎県対馬市の個体群を除く。)、ミンク、アナグマ、アライグマ、ヒグマ、ツキノワグマ、ハクビシン、イノシシ、ニホンジカ、タイワンリス、シマリス、ヌ-トリア、ユキウサギ、ノウサギ

・ ヤマドリ(メス)・キジ(メス)は、全国において平成29年9月15日から令和4年9月14日まで捕獲禁止。
・ ツキノワグマは、和歌山県において平成29年9月15日から令和4年9月14日まで捕獲禁止。

ただし、イノシシ及びニホンジカに限り11月1日から翌年3月15日まで狩猟期間を延長しています。


* 狩猟期間の延長は、次の計画に基づくものです。

(1) 「和歌山県ニホンジカ保護管理計画」の概要
(2) 「和歌山県イノシシ保護管理計画」の概要

※カモ猟に関する注意
 ガン・カモ科鳥類生息調査は、毎年1月中旬(例年、第3日曜日)に調査しております。

 猟の自粛について、ご協力よろしくお願いします。

狩猟鳥獣の見分け方(環境省)(外部リンク)

このページの先頭へ