産学共同研究支援事業

産学共同研究支援事業

趣旨

本事業は、第二次和歌山県産業技術基本計画に基づき、研究開発に取り組む県内事業者と国内の大学等研究機関の研究者との連携を支援し、産学共同研究を推進することを目的とします。募集案内(PDF形式 257キロバイト)

補助対象者

和歌山県内に事業所を有し、主たる研究開発の実施場所が和歌山県内であること。

補助対象事業

申請対象となる事業者が行う研究開発については、研究成果・技術を有効に活用でき、かつ新事業の創出、事業化に結びつく研究開発とし、新事業創出に向け、十分に検討されているもの。
特に基本計画に基づく以下の分野について優先的に採択します。

  1. ロボット等加工・組立技術分野
  2. 化学分野
  3. 医療・福祉分野
  4. バイオ・食品分野
  5. エネルギー・環境分野
  6. IT・ソフトウェア・通信技術分野
  7. 農業・林業・水産業分野
  8. 航空・宇宙分野

募集期間

平成28年4月1日(金曜日)から平成28年12月20日(火曜日)
(補足)毎月20日に一旦締め切り、審査を行います。

応募方法

提出書類一覧

  • 申請書(団体名、主要事業、研究開発内容、技術的課題等を記入、A4用紙2枚程度)
    及び会社概要の解るもの(会社パンフレット等)を下記まで持参又は郵送してください。
    (様式は下記より閲覧・ダウンロードできます)

申請書様式(PDF形式 48キロバイト)

申請書様式(ワード形式 69キロバイト)

審査等

一、二次審査を通過した事業はマッチングに進むこととなります。
詳細フローについては募集案内(PDF形式 257キロバイト)裏面をご参照ください。概要は以下の通り。

  1. 一次審査(第一次審査委員による書類審査)及び二次審査(第一次審査の結果をもとに関西TLOによる書類審査)による二段階審査を行います。
  2. 一、二次審査を通過した事業者は関西TLOからヒアリングがあります。関西TLOは申請内容及びヒアリング結果を基に 全国の大学等の研究機関から候補を抽出し、県はその候補を事業者に通知します。
  3. 県からの報告を受けた事業者は候補者について検討し、交渉開始の是非を県に報告していただきます。
  4. 事業者からの報告を受けた県は交渉について同意を得られた際は関西TLOにその旨を通知し、通知を受けた関西TLOは候補者に対し、事業者との面談について交渉します。
  5. 関西TLOは交渉の結果、候補者から面談の同意を得られれば事業者、候補者を交えて面談を実施し、面談の結果を 後日県に報告する。報告を受けた県は事業者に結果を通知します。(交渉の結果、同意が得られない際は事前に報告している別の候補者と交渉にあたる。)

その他

  • 調査をしても適当な候補者が探し出せない場合もありますのでご留意ください。
  • 応募状況によっては募集期間を変更することがあります。

このページの先頭へ