土地造成事業概要

土地造成事業

昭和34年に始まり、現在まで実施した土地造成事業は主に臨海埋立事業を中心にしたもので、これらの造成地には石油精製・発電・木材関係の事業所などが進出しています。
本県は、我が国最大の半島である紀伊半島に位置し、京阪神の大都市圏に隣接しているため、交通輸送体系の優位性はもとより、豊かな森林資源、清らかな河川など自然環境、資源に恵まれています。
また、黒潮の影響をうけた気候は、本州の中では最も温暖で、かつ日照時間も長く、工業に限らず他の産業の立地にも最適の条件を持っています。

分譲・賃貸用地のご案内 (企業立地ガイドへリンク)

御坊第二工業用地の画像


御坊工業団地(外部リンク)

和歌山下津港西浜地区用地の画像




西浜工業団地

和歌山下津港雑賀崎地区用地の画像


 


雑賀崎工業団地(外部リンク)

 

日高港用地の画像


日高港工業団地(外部リンク)

 


  
 御坊工業団地(熊野)(PDF形式 1,584キロバイト)

このページの先頭へ