“川湯温泉完全復活” 参詣道環境保全トレッキングの参加者募集!【3月2・3日(土・日)/1泊2日】

一般の人が世界遺産の保全活動に携われる場所は日本でここだけ

「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている“熊野古道”。 「道」の世界遺産は世界でも2例しかありません。

この地域は、雨量が豊富で、青く広がる豊かな熊野灘や奥深い熊野の森を育んでいます。一方、台風や風雨による浸食で「道」の痛みも多くみられます。この「熊野古道」を良好な状態で後世に伝えるため、保全活動が必要です。

和歌山県では、企業等を対象に実施している世界遺産の保全活動・道普請について、一般の皆様にもご参加いただける参詣道環境保全トレッキングを開催しています。

災害から復活を遂げた川湯温泉

熊野川の支流で、熊野の主峰・大塔山を源とする大塔川。和歌山屈指の清流のほとりに川湯温泉は所在します。

河原の一部は、川底から絶えず70度以上の源泉が沸き上がり、スコップで掘れば、たちどころにそこが湯船となる、全国でも珍しい「川湯温泉」として知られています。川沿いには、旅館や民宿が軒を連ね、それぞれの宿で趣のある湯を楽しむことができます。

そんな川湯温泉を襲った平成30年8月の台風20号。全施設の1階部分に水が流れ込み、一時は全ての宿が休業していました。災害を乗り越え、宿の大半が営業を再開し、温泉街が賑わいを取り戻し始めています。

◆川湯温泉のご紹介(関連サイト)

紀州浪漫2018冬号(外部リンク) 

◆川湯温泉お宿のご紹介(関連サイト)

熊野本宮観光協会(外部リンク)

川湯温泉の完全復活を記念して開催

3月2・3日(土・日)は、川湯温泉を有する田辺市本宮町が舞台です。 今回は、世界遺産熊野古道の保全活動(道普請)に加えて川湯温泉の完全復活を応援するため、熊野本宮大社や熊野古道中辺路の絶景コースを満喫できる「1泊2日」の宿泊プランを中心に参加者を募集します!

トレッキングコース・保全場所

3月2日(土) 【1日目】

熊野古道中辺路 6.8km

発心門王子~伏拝王子(★道普請★)~熊野本宮大社

→中辺路の最人気のゴールデンルート。石畳・木の根道・見晴台など魅力がギュッ♪距離・高低差ともに初級コースです。

※ルートマップはこちら(外部リンク)

3月3日(日) 【2日目】

熊野古道中辺路・小雲取越 12km

小和瀬渡し場跡(新宮市)~“絶景スポット”百間ぐら ~請川(田辺市本宮町)

→熊野本宮大社から熊野那智大社へ至る道は距離や高低差があるため難関ルートとされています。しかし、王子、石仏、眺望スポット、古道らしい尾根道など見どころも多く、一度は歩きたい憧れのコース。この中でも、小雲取越は比較的歩きやすい中級コースとして知られています。

※ルートマップはこちら(外部リンク)

川湯温泉プランの5大ポイント

(1)憧れの熊野古道中辺路「小雲取越」

2日目のトレッキングは、絶景スポット「百間ぐら」や自然林を進む尾根道など一度は歩きたいロングコース

(2)のんびり貸切バスで送迎

発着場所から川湯温泉間は貸切バスで送迎いたします。保全活動や熊野古道トレッキングを安心してご参加いただけます。

(3)熊野古道ガイドがご案内

地元ガイド達が季節や時間帯ごとの熊野古道の魅力をお伝えします。急な峠道も安心して歩けます。

(4)お楽しみ記念品

スタッフ厳選の地元記念品や中辺路を網羅した押印帳をプレゼント

(5)2日目は古道弁当付き

2日目は地元熊野本宮エリアで作られた古道弁当がツアーに含まれます。

申込方法・詳細 

申し込み方法、行程等詳細についてはこちらのちらしからご確認ください。また、チラシの郵送を希望される方は下記までお問い合わせください。


百間ぐらの夕景 発心門王子に至る熊野古道

関連ファイル

このページの先頭へ